英語習得の期間は?話せるようになるまでの時間は3,000時間

英語習得の期間は?話せるようになるまでの時間は3,000時間

「英語をペラペラ話せるようになりたい!」

「でも、英語習得までの期間はどれくらいかかるんだろう…?」

「英語を話せるようになるまでの時間が知りたい」

 

…と、こんな風に悩んでいませんか?

 

英語は話せるようになるまでに「一定の学習期間」が必要です。とはいえ、どの程度の学習期間が必要か知らないと、ゴールの見えないマラソンを走るように、途中で挫折してしまう可能性があります。

 

そこで本記事では「英語をペラペラ話せるようになること=英語習得」とした際に、どのくらいの「学習時間」が必要かを解説します。

 

これを書いているEIGOTO編集長の私は、元々は英語は全く話せない、外国人を前にすると一言も話せないほどの英語臆病者でした。

 

でも今では、英語を使ってプレゼンをしたり、英語で外国人とディスカッションすることもできるようになりました。

 

自身の英語学習の経験や、EIGOTOとして多くの英会話スクール担当者や、英語学習者に調査をした結果をもとに、

 

  • 英語を話せるようになるまでの時間
  • 1日あたりに必要な勉強時間と、トータルでかかる学習期間
  • 英語を最短で習得する方法

 

これらを紹介します。

 

本記事を読めば、英語をペラペラ話せるようになるまでの勉強時間がわかり、無駄なく効率的に、最短で、英語習得まで実現できますよ。

 

5分ほどで読める文量で、英語習得の期間を何ヶ月も短縮できるヒントを載せています。ぜひ最後まで読んでみてください。

 

英語をペラペラ話せるようになるまでの時間は3,000時間

英語をペラペラ話せるようになるまでの時間は3,000時間

 

結論、英語完全初心者の状態から、英語をペラペラ話せるようになるまでの時間は「3,000時間」が必要です。

 

約2,000時間が英語習得の必要な学習時間

とはいえ、実は義務教育の過程で、英語学習は1,000時間程度は済んでいます。

 

そのため、一般的な成人社会人の方であれば、英語習得に必要な勉強時間は「残り約2,000時間」となります。

 

「2,000時間かぁ。多いような少ないような…なんだかピンとこない」

 

…と、2,000時間の「時間」が必要と言っても、実際にどのくらいの「期間」がかかるかイメージつかないですよね。

 

そこで「毎日3時間」の勉強量を欠かさず続けた場合、どの程度の期間になるかを紹介すると、次の通りです。

 

毎日3時間勉強した場合の英語習得期間は「約1.8年」

  • 2,000時間÷3時間=666日=1.8年

 

上記の通り、毎日3時間の勉強をした場合、英語をペラペラ話すまでの期間は「約1.8年」ほどとなります。

 

1.8年やれば英語がペラペラになると考えれば十分とも取れますが、約2年というと、ちょっと先が長い気もしますよね…。

 

しかも、毎日3時間やって1.8年なので、毎日3時間学習できなければ、もっと多くの期間がかかることになります。

 

さらに英語初心者の場合は、学習を継続できるか不安もあると思います。

 

学習法次第で、もっと短期間で英語習得できる

一方で朗報としては、学習方法次第では、上記で挙げた2,000時間よりもっと短い時間でも、英語習得は可能です。

 

2,000時間という勉強時間は、あくまで「目安」に過ぎないんですよね。

 

例を挙げると、例えば「良くない学習方法、良くない教材」を使って勉強した場合、2,000時間よりもっと、時間がかかってしまうことはあります。

 

逆に「良い学習方法、良い教材」を知って学習すれば、2,000時間よりも遥かに短い時間で、英語習得することは可能なんですよね。

 

もちろん、英語習得のために、一定以上の学習時間は必要ですよ。量をこなさなくて良い、という話ではありません。ですが、正しい知識を持って学習すれば、必要時間は2,000時間よりも、大幅に短縮可能なんですよね。

 

だからこそ、英語を話せるようになるための「正しい学習方法」を知ることが、最短で英語習得したい人にとっては、何より重要なことです。

 

今すぐ机に向かうことも大事ですが、少し立ち止まり、どんな勉強法が良いのか調べることは、目の前の学習以上に大切ということですね。

 

良い勉強方法を知ることは、言ってみれば「戦略」なんですよね。「戦いと略す」と書いて戦略ですから、学習期間を省略するためにも、正しい勉強方法を知ることが大切です。

 

簡単なコミュニケーションなら500〜1,000時間(半年〜1年)でも達成可能

もう一つ朗報は、英語ペラペラレベルではなく「英語で外国人と簡単なコミュニケーションを取るレベル」であれば、2,000時間より更に短い時間で到達可能なことです。

 

私は英会話スクールの学習事例を、これまで多く直接取材してきました。

 

その過程でわかったことは、外国人と簡単な会話レベルなら「500〜1,000時間」の学習量でも到達した方は多いことです。期間に直せば「半年〜1年程度」ですね。

 

英語学習者の中には、英語ペラペラまでならなくとも、ある程度英語で不自由ない会話ができればそれで十分という方は、意外と多いです。私も元々そうでした。その場合、必要な勉強時間は当然減りますので、目標達成は一気にしやすくなりますよ。

 

なおこの場合も、学習方法次第で、必要学習時間はもっと短くできます。例えば「3ヶ月」などですね。詳細は「英語を3ヶ月集中で話せるようになる独学勉強法」で書いています。

 

 

だからこそ「正しい学習方法を知り、実践していくこと」が、やはり必要なことかと思います。

 

英語習得期間を最短にする原則

英語習得期間を最短にする原則

 

では実際に、英語を話せるようになるまでの時間を短縮するにはどうすればいいか?

 

ここでは「正しい英語学習の原則」を、英会話スクールの講師や、英語バイリンガルの方への取材をもとに紹介しますね。

 

結論、英会話を習得する原則・方法は次の通りです。

 

英語習得の原則

1. 自身の英語力の課題を正確に把握する

2. 質の高い学習法・カリキュラム・教材に絞る

3 インプットとアウトプットを高速に回す

 

それぞれ解説しますね!

 

1. 自身の英語力の課題を正確に把握する

英語習得で一番重要なことは、自身の英語力の「課題」が何か、正確に特定することです。

 

なぜ課題を特定することが大事かというと「英会話スクールの失敗事例」を知るとイメージしやすいと思います。

 

一般の英会話スクールにありがちな失敗に、受講者の課題を把握することなく、「とりあえず、ネイティブ講師と英会話でレッスンをしましょう!」と、すぐトレーニングに入ってしまうことがあります。

 

この場合、受講生に必要な学習が、本当に「ネイティブとの英会話レッスン」なのかが、わからないですよね。

 

なぜなら、もしかしたらこの受講生は文法を理解しておらず、最初は「文法の学習」が必要かもしれないからです。あるいは英語の音の癖を理解しておらず「発音の勉強」が必要かもしれないからです。

 

にも関わらず「ネイティブとの英会話レッスン」を行っても、効果はないかもしれません。むしろこの場合、効果がない確率の方が高いです。

 

このように、ほとんどの英語学習は、課題を明確にすることなく、なんとなく効果がありそうな学習にすぐに入ってしまうことが問題なんですよね。

 

一方で、自身の英語力の課題を明確にしておけば、本当に必要な学習を、優先的に行うことができます。

 

ですから、英語学習者がまず最初にやることは「課題の特定」なんですよね。

 

英語力の課題を特定する方法

なお、自身の英語力の課題がどこにあるかを一人で特定することは、英語初心者〜中級者の場合ほぼ不可能です。

 

じゃあどうすればいいかというと「英語コーチングスクール」で無料相談してみることがおすすめです。

 

英語コーチングは、英語堪能なパーソナルコーチが専属でつき、あなたの英語レベルのチェックから、学習方法の策定、日々の学習進捗管理まで、トータルサポートしてくれるスクールです。

中でも「PROGRIT」というスクールは、受講者の課題を見つけることが本当に上手くて評判が良いです。

PROGRITは2〜3ヶ月という短期間で、英語力やTOEICを大きく伸ばす受講生が続出しています。サッカーの本田圭佑選手も利用しており、絶賛していることでも有名です。

 

ちなみに「PROGRIT」の場合、本受講せずとも、無料カウンセリングで英語レベル診断、課題特定まで無料でやってくれるとのことでした。

 

一人で課題特定ができない場合、英語コーチングのようなプロに頼ることも一つの有効な方法です。気軽に無料相談してみると良いんじゃないかなと思います。

 

2. 質の高い学習法・カリキュラム・教材に絞る

自身の英語力の課題がわかったら、課題に対して優先的に取り組んでいきましょう。

 

その際に重要なのは「質の高い学習方法・カリキュラム・教材にとにかく絞ること」です。

 

どれだけ正確に課題特定できても、日々の学習の質が悪ければ、本来身につく英語力も、一向に身につきません。

 

一方、正確に課題特定し、かつ質の高い学習ができれば、英語習得までの期間は大幅に短縮できますよ。

 

質の高い学習法・カリキュラム・教材は?

課題によって最適なものは変わるので、一概にこれがベストとは言えないことが事実です。

 

ただその中でも、どんな課題にも共通しておすすめできる教材は、リクルートが運営する「スタディサプリEnglish」です。

 

スタディサプリEnglishはAPPストア教育カテゴリーNo.1にもなった、大人気の英語学習アプリです。私自身使って満足しており、利用者の評判も良いのでおすすめしています。

 

スタディサプリEnglishで学べること

・リスニング

・リーディング

・スピーキング

・英単語

・文法

・発音など

※日常英会話だけでなく、ビジネス英語やTOEICも対応

 

英語学習に必要な力がこれ一つで学べるようになっています。かつコンテンツはキャラクター仕立てで面白く、カリスマ講師による講義動画も豊富です。

 

「何から始めたらいいかわからない…。」

「でも早く英語を習得したいので、今すぐ勉強をスタートしたい」

 

という場合なら、高いお金を払って変な教材を使うよりも、「スタディサプリEnglish」で手軽に学習を始めた方が、学習効果の面でも、お金の面でも、メリットが大きいと思いますよ。

 

なおスタディサプリEnglishは7日間は無料でおためし体験することができます。利用するためには一度会員登録する必要がありますが、7日経つ前に解約すれば、お金は1円もかからない仕組みです。

 

気になる場合は公式サイトからスマホで3分後に試せるので、使ってみると良いと思いますよ。

 

 

3. インプットとアウトプットを高速に回す

英語をいち早く話せるようになりたいなら、

 

  • 英語の知識を学ぶ「インプット」だけでなく、
  • 学んだ英語を実際に話して使う「アウトプット」も、

 

この2つを、早期に実践していく必要があります。

 

インプットとアウトプットを高速に回す方法

大きく2つあり、

 

  1. 英語コーチングを利用する方法
  2. オンライン英会話を利用する方法

 

この2つです。

 

英語コーチング

まず英語コーチングであれば、インプットだけでなく、ネイティブとの英会話レッスンがあるスクールも存在しています。

 

こういったスクールを使えば、英語のインプットとアウトプットを高速に回せるので、誰でもできる一番確実な、失敗しない方法です。

 

オンライン英会話

一方で、独学メインで勉強したい場合は「オンライン英会話」がアウトプットの場として最適です。

 

オンライン英会話はどちらかというと、英語をインプットする場というより、別のところで学んだ英語を使う「アウトプット」がメインです。

 

ですので、英語のインプット目的としては不向きであるものの、1レッスンあたりの費用も安いので、アウトプットとしては最適な環境ですよ。

 

前述した「スタディサプリEnglish等でインプットしながら、アウトプットはオンライン英会話で行う」、これが英語を独学で話せるようになるなら、最も現実的で早い方法だと思いますよ。

 

以上が、英語習得を最短に縮める勉強法です。

 

まとめ

英語習得の期間は?話せるようになるまでの時間は3,000時間

 

最後に、英語は思っているより難しくありません。

 

もちろん、自身の課題を把握することなく、いろんな教材を手当たり次第使って学習していたら、身につく英語力も一向に身につきません。

 

ですが、課題を正確に把握し、質の高い学習を、インプットとアウトプットを高速で繰り返していけば、英語初心者の方でも、英語は必ず習得できます。

 

英語ペラペラレベルとなると、時間は相応にかかります。ですが、外国人と英会話で簡単なコミュニケーションを取るくらいであれば、2年と言わず、半年〜1年以内でも達成可能です。

 

外国人と簡単なコミュニケーションを楽しめるレベルまでいけば、英語学習はかなり楽しくなってきますよ。そうすると、学習期間も全く苦にならなくなっていきます。

 

英語は、いざ必要になった時に学んでも遅いことが多いです。だからこそ、人生の早いうちから、英語の問題は片付けておくことが良いんじゃないかなと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です