英語を3ヶ月集中で話せるようになる独学勉強法

英語を3ヶ月集中で話せるようになる独学勉強法

「3ヶ月で英語を話せるようになりたい」

 

英語をスラスラ話せるカッコイイ自分に変わり、一度きりの人生の選択肢・幅を広げたい。そう感じている人はとても多いです。

 

私もそうでした。私はもともと英語は全く話せず、外国人を前にすると、緊張して言葉が全く出ないほど、英語オンチだったんですよね。

 

そんな私でも、今では英語をスラスラ話し、外国人と会話を楽しむことができるようになったり、仕事で英語を使い、プレゼンや商談ができるようになりました。

 

結論から言うと、3ヶ月本気で学習すれば、英語は話せるようになります。ですから、もし一歩を踏み出すか迷っている場合、3ヶ月集中で、本気で英語に取り組んでみることをおすすめします。

 

そこで本記事では、

 

3ヶ月で英語を話せるようになる戦略

・3ヶ月で到達できる英語力(英会話力)のレベル

・3ヶ月で英語を話せるようになるための戦略

・3ヶ月で英語を話せるようになる具体的な独学勉強法

 

これらについて、自身の学習経験や、多くの英語学習者を分析した経験をもとにご紹介します。

 

大丈夫です。本記事を読んで行動すれば、今よりも英語が話せるようになり、人生の選択肢・幅を広げ、良い未来を掴むことができますよ。

 

少し文量が長くなりますので、ブックマーク等をした上で、定期的に読んでいただくことをおすすめします。

 

3ヶ月で目指せる英語力(英会話力)はどれくらい?

3ヶ月で目指せる英語力(英会話力)はどれくらい?

 

まずは実際のところ、3ヶ月で目指せる英語力(英会話力)はどれくらいかについてお伝えします。

 

結論、次の通りです。

 

3ヶ月で到達できる英語力

1. 3ヶ月で英会話をマスターすることは難しい

2. 3ヶ月あれば外国人と簡単なコミュニケーションを取ることは十分可能

 

これが現実です。それぞれ解説しますね。

 

1. 3ヶ月で英会話をマスターすることは難しい

いきなり悲報ですが、3ヶ月で英会話をマスターすることは、残念ながら難しいことが事実です。

 

ここで言う「マスター」とは、ネイティブと同じレベルで、英会話を自由に話せる状態を指します。

 

3ヶ月は何か一つのことを達成するには十分です。ですが、英語をマスターするには、さすがに短すぎるんですよね。

 

ですから、3ヶ月で英語をマスターすることは、相当な天才でないとまず無理なんですよね。これが認識しておくべき現実です。

 

2. 3ヶ月あれば外国人と簡単なコミュニケーションを取ることは十分可能

一方で、3ヶ月の期間があれば、外国人と簡単なコミュニケーションを取ることは十分可能であることも事実です。

 

例えば、いまは全く英語が話せず、外国人を前にすると一言も言葉が出てこないレベルの人でも、3ヶ月あれば、簡単な会話くらいはできるようになるんですよね。

 

簡単な英会話で言葉のキャッチボールをして、相手と信頼関係を築く、そういったレベルであれば、3ヶ月でも十分目指せる範囲です。

 

そもそも英語をマスターする必要はない

私自身、英語を習得して感じましたが、そもそも英語ネイティブのように、英語をマスターする必要はありません。

 

なぜなら、英語をマスターせず、簡単な会話を英語でできるようになるだけでも、外国で生活をしたり、英語で仕事をすることは十分できるからです。

 

加えて、0点を80点にするよりも、80点を100点に伸ばす方が、何倍も時間と労力がかかるんですよね。

 

ですから、ネイティブのような100点満点のペラペラ英語を目指す必要はない上に、何よりコスパが良くないです。

 

それなら、外国人と問題なくコミュニケーションが取れる80店程度の英語を目指した方が、ほとんどの人にはコスパが良いですよ。

 

事実、実際に私は英語レベルを80点から100点に英語力を上げようと勉強しましたが、正直かなり大変でした。周囲もこれは同様です。

 

もちろん、英語の講師など、英語自体を教えることを目標にするなら必要かもしれません。

 

ですが、外国人と英語を話したい、仕事の幅を広げたい、就職・転職先の選択肢を増やしたい、そういった理由なら、100点を取る必要はありませんよ。

 

3ヶ月で英語を話せるようになるための戦略

3ヶ月で英語を話せるようになるための戦略

 

3ヶ月で英語を話せるようになるためには、闇雲に英語の参考書で勉強してもNGです。

 

まずは戦略を立てることが、3ヶ月で英語を話せるようになるなら必要です。

 

ではどんな戦略が必要かというと、次の通りです。

 

3ヶ月で英語を話せるようになる戦略

1. 英語(英会話)の基礎力を網羅的に身につける

2. 特に話す力・聞く力に特化する

 

上記の通りです。それぞれ解説します。

 

1. 英語(英会話)の基礎力を網羅的に身につける

外国人と英会話で話せるようになるなら、英語の基礎力は網羅的に身につける必要があります。

 

ではどんな力が必要かというと、学んでおくべきことが次の通りです。

 

  1. 英語を話す「スピーキング力」
  2. 英語を聞き取る「リスニング力」
  3. 思ったことを英文で作る「英文を組み立てる力」
  4. 英語の音を正しく理解する「発音力」
  5. 英語の文章構造を正しく理解する「文法力」
  6. 会話の基礎となる「単語力」

 

この6つの力です。

 

「英会話力」というのは、細分化すると、上記6つの力が土台となります。

 

人によっては分け方は変わるかもしれませんが、英語を話す「スピーキング力」、英語を聞き取る「リスニング力」、思ったことを英文で組み立てる「英文を組み立てる力」、英語の音を正しく理解する「発音」、英語の文章を理解する「文法」、会話の基礎となる「単語」が、英会話力では必要な6要素です。

 

これら6つの基礎を網羅的に身につけることが、英語を話せるようになるために必要です。

 

なお、全てをものすごく高いレベルで習得する必要はありません。ある一定レベルまで高めれば十分です。本記事でその目安や、具体的勉強法もお伝えするのでご安心ください。

 

2. 特に話す力・聞く力に特化する

前述した基礎を3ヶ月集中で一気に磨くことはもちろん、中でも話す力、聞く力を高めることが、英語を話せるようになるには必要不可欠です。

 

なぜなら、日本の英語教育は英語を「読む・書く力」は身につくものの、英語を「話す・聞く力」は身につかず、大半の日本人は話す・聞く力が弱いからです。

 

加えて、英語を話せるようになるには、英語を「話す・聞く力」はもっとも重要です。

 

ですから、「英語を話す・聞く力」に比重をかけた上で3ヶ月勉強すること、これが英語を話せるようになるには重要なことです。

 

英語(英会話)を3ヶ月で話せるようになる独学勉強法

英語(英会話)を3ヶ月で話せるようになる独学勉強法

 

ここからは英会話を3ヶ月で話せるようになる独学勉強法を挙げていきます。

 

結論、合計で7つあります。

 

英語を3ヶ月で話せるようになる勉強法

1. 英語の総合的な基礎力:スタディサプリEnglishで英会話の基礎を毎日学ぶ

2. リスニング力:ディクテーションする

3. スピーキング力:オンライン英会話で英会話の実践を積む

4. 英文を組み立てる力:瞬間英作文で英文を作る力を身につける

5. 発音:英語耳で英語の発音を理解する

6. 文法:1億人の英文法で英会話の文法を理解する

7. 単語:DUO3.0で単語を学ぶ

 

上記の通りです。全てを必ずしもやる必要はなく、自分にとって必要な部分を取り入れればOKです。

 

それぞれ具体的な勉強法、気をつけるポイントなどを解説しますね!

 

1. 英語の総合的な基礎力:スタディサプリEnglishで英会話の基礎を毎日学ぶ

まず、英会話の総合的な基礎力を満遍なく高めるなら、おすすめはスタディサプリEnglishで学習することです。

 

スタディサプリEnglishは上場企業のリクルートが運営する「英会話を学べる英語アプリ」です。APPストア教育カテゴリー人気No.1、累計100万ダウンロードを突破しています。

 

なぜスタディサプリEnglishがおすすめかというと、英語を話す・聞く力に必要な、リスニング力・スピーキング力・英文を組み立てる力、発音、文法、単語、いずれも学べるからです。

 

 

通勤時間 英語 勉強

 

今回は文法ならコレ、単語ならコレ、という風に、特定分野を伸ばすおすすめ勉強法・ツールを紹介しますが、「全部買い揃えるのは面倒、一つで全部網羅できるツールが良い」という場合は、スタディサプリEnglishであれば、その希望が叶います。

 

おすすめの勉強法や注意点

1回3分のレッスンなので、通勤・通学などの隙間時間を使って勉強できます。毎日30分を繰り返すだけでも、英会話の基礎は身につきますよ。

 

コンテンツの質が良いので、個人的に特におすすめしています。3ヶ月集中で英語力を高めるなら、外せないツールですね。

 

しかも、スタディサプリは「7日間は無料体験」で使えるので、少しでも気になる場合、まずは無料で試してみることをおすすめします。

 

 

2. リスニング力:ディクテーションする

リスニング力を高めるためには「ディクテーション」が特におすすめです。

 

ディクテーションとは、耳で聞いた英文を、紙とペンで実際に書き取るトレーニングを指します。

 

ディクテーションをすることで、英語の音を丁寧に聞き取る「精聴力」が鍛えられます。続けていくと、聞き取れる英語の種類・幅がどんどん広がっていくので、英語のリスニング力の向上にとても役立ちます。

 

私自身もディクテーションで学習しましたが、それまで停滞気味だったリスニングが、かなり上達したことを実感しました。

 

これは私だけでなく、多くの方が、ディクテーションで英語のリスニング力を高めています。

 

おすすめの勉強法や注意点

リスニング力を特に高めたい場合は、毎日ディクテーションの学習を30分でも取り入れましょう。

 

それを愚直にやるだけでも、3ヶ月後には、英語のリスニング力はかなり上がりますよ。

 

具体的なディクテーションのやり方や、おすすめの題材は「ディクテーションを365日勉強した私が、効果的なやり方やコツを解説」で紹介しているので、参考にしてみてください。

 

3. スピーキング力:オンライン英会話で英会話の実践を積む

英語を話すスピーキング力は「オンライン英会話を使うこと」がおすすめです。

 

なぜならスピーキング力は「実践の中」で身につくものであり、手軽に実践経験を積むなら「オンライン英会話」が最適だからです。

 

どれだけ丁寧に英語をインプットしても、実践で使えなかったら意味がありません。実践での慣れ含めて、英語を実践で話せるようになるには、外国人と英語で話す機会は必要不可欠なんですよね。

 

その点オンライン英会話は、格安で外国人と英会話をする環境を作ることができます。安いところだと、月6,000〜7,000円程度で1日1回25分の会話ができるので、最も有力な候補だと思います。

 

おすすめの勉強法や注意点

一点、オンライン英会話を利用する際に注意しておくべきは、オンライン英会話は事前に学んだことを「アウトプットする場」として活用することです。

 

なぜなら、オンライン英会話は、英語の発音・文法等を学ぶインプット目的だと、学習効果が薄いからです。

 

オンライン英会話は1レッスン25分と、時間が短いです。加えて、講師も英語を教えるプロではないので、インプットをするには、正直物足りないことが実情なんですよね。

 

一方でオンライン英会話の良いところは、前述通り格安で、外国人と英語を話せることです。英語のアウトプットであれば、短い時間でも、多少講師の質が低くても、良いアウトプット訓練になります。オンライン英会話は、アウトプット目的で使うことが正解なんですよね。

 

逆にいえば、英語の基礎が全く身についていない状態で、オンライン英会話を利用することは「非効率」となります。

 

 

ですからおすすめの方法は、今回紹介する他の勉強法で英語をインプットし、その内容をオンライン英会話でアウトプットすることです。これが、最も効果的なオンライン英会話の活用方法です。

 

目安としては、最初の1ヶ月は他の勉強法で英語をインプットし、2ヶ月〜3ヶ月目で、オンライン英会話の実践を入れると良いですよ。

 

毎日とは言わずとも、2〜3ヶ月目に週数回オンライン英会話でアウトプットするだけでも、3ヶ月が経つ頃には英語に対する慣れや、外国人に対する慣れも、間違いなく生まれます。

 

ですから、2ヶ月目には必ずオンライン英会話のトレーニングを入れましょう。そうすれば、3ヶ月には簡単な英語を話せるようになりますよ。

 

英語初心者のオンライン英会話の活用方法

最初の1ヶ月:他の勉強法で英語をインプットする

2ヶ月目〜3ヶ月目:オンライン英会話でアウトプットの練習をする

 

オンライン英会話の選び方

オンライン英会話と言っても、スクールによって質の良し悪しがあります。

 

なので参考までに、おすすめのオンライン英会話を紹介します。

 

おすすめのオンライン英会話

1. DMM英会話:オンライン英会話最大手。月額6,480円で毎日1レッスン。講師はネイティブ・日本人含む129カ国

2. ネイティブキャンプ:同じくオンライン英会話最大手。月額6,480円でレッスン受け放題。講師はフィリピン人が中心

3. ワールドトーク:講師が全員日本人。困ったときに日本語を使いたい超初心者に最適。月額6,600円で月25レッスンまで。

 

迷ったらこの3つがおすすめです。

 

特にDMM英会話は、オンライン英会話最大手であり、質が高く、安心感もあるのでおすすめです。

 

ネイティブ講師、日本人講師、フィリピン人講師など129カ国の講師で構成されており、講師の在籍国もトップクラスに多様です。

 

DMM英会話含め、どのスクールも「無料体験レッスン」ができます。百聞は一見にしかず、まずは無料でトライしてみましょう。

 

おすすめのオンライン英会話は「20社体験した私がオンライン英会話おすすめ10社を徹底比較」で紹介しています。

 

4. 英文を組み立てる力:瞬間英作文で英文を作る力を身につける

英文を組み立てる力とは、頭の中で思ったこと、相手から聞かれたことに対して、瞬時に英文を組み立てる力です。英語を話す場で必要不可欠な能力であり、日本人が弱い部分でもあります。

 

そんな「英文を組み立てる力」を身につける上で最も効果的なのは「瞬間英作文トレーニング」です。

 

瞬間英作文トレーニングとは、日本語で見た文章を、瞬時に英文で作るトレーニングです。

 

これを繰り返すことで、英文をゼロから組み立てる力が養われるので、英会話の実践の場でも、瞬時に英文が口から出てくるようになります。

 

瞬間英作文トレーニングはかなり効果が高い上に、隙間時間でもいつでもできます。

 

おすすめの勉強法や注意点

瞬間英作文の詳しいやり方やおすすめ教材は「瞬間英作文の効果は?やり方から教材まで、実際に使った経験から解説」で詳しく紹介しているので、こちらを参考にしてみてください。

 

5. 発音:英語耳で英語の発音を理解する

英語の発音を、体系的に学んだことはありますか?

 

実は日本人が英語のリスニングができない大きな要因に「発音を理解していないこと」があります。

 

そもそも世界的に見ると、日本人は英語を学ぶことのハードルが高い人種です。

 

なぜなら、日本語と英語は、文字の種類が違えば、音の種類も違い、息遣いも違い、発声方法も違うからです。つまり、共通点がほとんどないんですよね。

 

もちろん、英語の発音も、日本語とは全く異なります。ですから、英語の音声をひたすら耳で聞き流しても、英語を聞き取れるようにはならないんですよね。英語には、そもそも日本語にはない発音がたくさん存在するからです。

 

ですから、英語を正しく聞き取る力をつけるには、発音を学ぶことが必要なんですよね。

 

おすすめの勉強法や注意点

その点でおすすめは「英語耳」という本です。英語耳は英語発音のバイブル本とも言われている、英語発音の代表的な参考書です。

 

【体験談】英語耳の効果的な使い方は?1年間使った効果や感想

 

英語の発音記号から、発音を体系的に学び直せるようになっており、一冊終える頃には、英語の発音理解がかなり深まります。結果として、英語を聞き取る力も格段に高まるんですよね。

 

私自身、英語耳で発音を理解してから、それまで伸び悩んでいたリスニングが一気に伸びました。

 

かなりおすすめの教材で、1ヶ月もあれば十分終わります。ぜひ手に取ってみることをおすすめします。

 

6. 文法:1億人の英文法で英会話の文法を理解する

英会話を話せるようになる上で、文法力は最低限必要です。

 

文法を勉強するなら、おすすめは「一億人の英文法」です。

 

特徴は、日本人の脳に合わせた文法書となっていることです。日本人でも無理なく英文法を理解できるような内容になっていたことが、使った印象的でした。

 

そもそも文法書というと、わかりづらいものがとても多いんですよね。その点1億人の英文法は、とてもわかりやすくなっていたので、文法が苦手な初心者もおすすめです。

 

おすすめの勉強法や注意点

文法は中学・高校の義務教育である程度やっているはずなので、そこまでがっつり時間をかけなくても大丈夫です。

 

わからないこと、ちょっと不安なことがある場合は、重点的に該当箇所を学べばOKです。特に3ヶ月短期集中でやる場合、最初から全部やり直すと時間が足りなくなるので、全部やり直し必要はありませんよ。

 

7. 単語:DUO3.0で単語を学ぶ

英語を話せるようになるなら、単語力も必要です。

 

単語を学ぶなら単語帳を一冊、徹底的にやり切ることです。2冊も3冊も手にする必要はありません。良い一冊を選び、それを徹底的にやり込むだけで、単語学習は十分です。

 

おすすめの勉強法や注意点

その点でおすすめの単語帳はDUO3.0です。DUO3.0は英会話の実践で使える単語が豊富です。意味のない単語ではなく、使える単語力を効率的に習得できるので、この一冊を徹底的にやり込むことがおすすめです。

 

なお、他のことにもっと時間を使いたい場合、単語帳でのステップは外してもOKです。なぜなら、今回紹介した他の勉強法をやっていく過程で、英会話で使う単語は自然と出てくるからです。

 

自然な会話の中で出てきた英単語を確実に学んでいくだけでも、英会話の単語は身につきます。

 

以上が3ヶ月で英語を話せるようになる勉強法です。

 

もちろん全部できることが理想ですが、全部できない場合は、1のスタディサプリEnglishで総合的にインプットしつつ、特に伸ばしたいスキルは、ご紹介したツールを使って学習していきましょう(例:発音を伸ばしたいなら、スタディサプリに加えて「英語耳」を勉強に取り入れるなど)

その上で、インプットしたことを、オンライン英会話を使ってアウトプットするだけでも、英語は十分話せるようになりますよ。

 

英語を3ヶ月で話せるようになる勉強法まとめ

1. 英語の総合的な基礎力:スタディサプリEnglishで英会話の基礎を毎日学ぶ

2. リスニング力:ディクテーションする

3. スピーキング力:オンライン英会話で英会話の実践を積む

4. 英文を組み立てる力:瞬間英作文で英文を作る力を身につける

5. 発音:英語耳で英語の発音を理解する

6. 文法:1億人の英文法で英会話の文法を理解する

7. 単語:DUO3.0で単語を学ぶ

 

独学で英語を3ヶ月勉強する自信がない場合

独学で英語を3ヶ月勉強する自信がない場合

 

ここまで読んできて、

 

「英語を3ヶ月集中で勉強する方法はわかったけど、一人で独学する自信がない…」

 

そう感じた場合、英会話スクールを利用することも一つの方法です。

 

英会話スクールの中には、パーソナルコーチが専属でつき、日々の学習管理まで徹底サポートしてくれるスクールがあります。言ってみればジムのライザップのようなイメージですね。

 

専属パーソナルコーチが付く英会話スクールを利用すれば、英語が全くできない初心者でも、正しい勉強法で、最短で英語を習得していけます。期間も2〜3ヶ月のスクールが多いので、短期集中学習にもぴったりです。

 

お金はかかるものの、お金で時間や成果を買うイメージですね。独学よりは間違いなく学習効果が高いので、短期で結果を求めたいなら、検討してみることをおすすめします。

 

参考までに、パーソナルサポートのついたおすすめ英会話スクールを3つ挙げておきます。

 

3ヶ月集中で英語力を伸ばせるスクール

1. PROGRIT【英会話2〜3ヶ月で大きく上げたい方向け。サッカーの本田圭佑選手も絶賛】

2. ライザップイングリッシュ【同じく英会話を2〜3ヶ月で大きく上げたい方向け。挫折させない学習サポートが特徴】

 

迷ったらこのいずれかがおすすめです。

 

どちらも短期集中型の英会話スクールで、短期間で英語を話せるようになる環境です。

 

両スクールとも「無料相談」を教室またはオンラインでできます。どちらも本受講せずとも、無料で英語学習に相談に乗ってくれるとのことでした。

 

なので、「自分の現状では、3ヶ月後にどれくらいのレベルを目指せそうか」「そのためにやるべきことは何か」を、相談してみることをおすすめします。そうすると、3ヶ月後の見え方が、一気に変わりますよ。

 

上記2社含む、おすすめ英会話スクールは「英会話教室・スクールおすすめ10選比較!実際に体験して厳選」で詳しく紹介しているので、「独学以外の方法も検討したい」という場合は、参考にしてみてください。

 

まとめ

英語を3ヶ月集中で話せるようになる独学勉強法

 

最後に、英語を話せるようになることは、難しいと思われがちですが、実はそこまで難しくありません。

 

もちろん、ネイティブのようなペラペラ英語を身につけることは、相応に時間も労力もかかる上に、難易度は高いです。

 

ですが、外国人と簡単な英語でコミュニケーションを取るレベルであれば、3ヶ月集中して本気で取り組めば、十分到達できる水準です。

 

その場合も、適切な努力をすることが必要です。どんなに本気で頑張っても、努力の仕方が間違っていると、3ヶ月経っても英語は話せるようにならないからです。

 

その点今回紹介した勉強法なら、今はまだ英語が全く話せない初心者でも、3ヶ月には英語で簡単なコミュニケーションは取れるようになることは十分可能です。

 

英語が話せるようになれば、控えめに言っても人生変わります。英語ができると就職・転職が有利になる上に、英語人材は年収も高いので、就職・転職で高年収を実現することもできます。

 

加えて、英語ができると、一度きりの人生を生きる場所、暮らす場所、楽しむ場所、哀愁を感じる場所が、世界中に広がります。それだけでも、英語を習得する価値はあると思いますよ。

 

一度きりの人生です。「英語ができないから…」という理由だけで、可能性を狭めてしまうことはもったいないです。

 

だからこそ、3ヶ月集中して、人生における「英語の問題」は片付けておきましょう。そうすれば、3ヶ月後の人生は、今よりもっと明るいものになりますよ。