【最短】TOEIC800点の壁を超える勉強法【レベルや勉強時間も解説】

最短でTOEIC800点の壁を超える勉強法【レベルや勉強時間も紹介】

「TOEIC800点のレベルってどれくらいなんだろう」

「TOEIC800点を取るために必要な勉強時間は?1ヶ月や3ヶ月でも取れる?」

「TOEIC800点を最短で取る勉強法が知りたい」

 

こんな悩みをお持ちではないでしょうか?

 

TOEIC800点は、就職や転職でかなり評価されるスコアです。実際にTOEIC800点を取っていることで、就活が有利に進んだり、希望先の内定を取ることも、十分実現可能です。

 

とはいえ、これからTOEICを始める方や、TOEICで400〜600点台くらいの方には、TOEIC800点はかなり遠い目標に感じますよね…。

 

そこで本記事では、TOEIC800点のレベルや、800点を取るために勉強時間や勉強法を、本記事でわかりやすく解説します。

 

本記事を読めば、TOEIC800点のレベル・勉強時間・勉強法・TOEIC800点を取るメリットが全てわかりますよ。

 

TOEIC800点を達成するヒントを散りばめているので、ぜひ最後まで読み込んでみてください。

 

本記事執筆にあたり、TOEIC利用者にも数多く調査を重ね、本当に効果の高い勉強法やアプリなどをピックアップしました。再現性は高いと自負しています。

 

TOEIC800点のレベルは?【800点の難易度】

TOEIC800点のレベルは?【800点の難易度】

 

まずはTOEIC800点のレベル・難易度を解説します。

 

TOEIC800点のレベルは?【上位約13.3%】

結論、TOEIC800点のレベルは上位約13.9%のレベルです。

 

つまり、10人受講者がいれば、そのうち1〜2人が達成しているレベルがTOEIC800点なんですよね。

 

この根拠は、TOEIC公式サイトで出ている「受講者スコア分布」のデータを見るとわかります。以下データを添付しますね。

 

TOEIC 800点 レベル

出典:平均スコア・スコア分布 詳細 (第247回)

 

上記赤枠で示しているところがTOEIC800点のラインです。上記データだと、800点ぴったりを境目にした統計はなく、795点以上の境目(赤枠)があります。

 

ここから795点以上・以下の受講者割合を見ると、

 

  • TOEIC795点以上:全体の13.3%
  • TOEIC794点以下:全体の86.7%

 

上記の通り、約13.3%が、TOEIC800点レベルと捉えることができます。

 

TOEIC800点の難易度はかなり高い?【難しくない】

上位1〜2割というとかなり難しいように感じるかもしれません。

 

ですが、実はそこまで難しくないんですよね。なぜならTOEIC受講者の中には「本気で勉強していない人」も多く含まれているからです。

 

「上位1割か…。自分には無理かも…」と思うのではなく、「本気でやっていない人も多いから、頑張れば必ずたどり着ける!」と思うことが、TOEIC800点の正しい捉え方なんですよね。

 

ですから本気で勉強に取り組めば、TOEIC800点は誰でも達成できる水準ですよ。

 

     

    TOEIC800点の実際の英語力

    TOEIC800点の実際の英語力

     

    TOEIC800点を取ると、実際にどれくらい英語が話せるようになるのか。

     

    結論「日常英会話は問題なし、多少複雑な会話でも、意思疎通はできる」と言うレベルです。

     

    実はTOEICスコアと英語力の関係も、TOEIC運営側が公式見解を出しています。以下が見解のデータです。

     

    TOEIC 700点 英語力

    出典:TOEIC公式サイト

     

    これを見ると、TOEIC800点は「B:730〜860点」に入りますが「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」とされています。

     

    これを簡単に表現したのが、先ほどの「日常英会話は問題なし、多少複雑な会話でも、意思疎通はできる」です。

     

    とはいえ、TOEICはスピーキングテストがあるわけではないので、英語を話す力は、別の学習が必要だと思います。

     

    ただそれでも、TOEIC800点を取れるレベルなら、英語力の確かなベースはついている状態です。リスニングが一定以上できるレベルでないと、そもそもTOEIC800点は取れないからです。ですから、TOEIC800点を取る過程で、使える英語力のベースも高い水準で身につきますよ。

     

    「将来に向けて英語力を身につけておきたい」

    「でも何からやっていけばいいかわからない」

     

    という場合も「TOEIC800点」という目標は、良い目標設定になると思いますよ。

     

       

      TOEIC800点の転職・就職市場での評価

      TOEIC800点の転職・就職市場での評価

       

      TOEIC800点を目指す人の多くは、転職や就職でTOEICスコアを有利にしたい方が多いです。

       

      実際のどれくらい、企業側から評価されるかというと、結論、次の通りです。

       

      1. 大学生の就職でTOEIC800点は評価される?【かなり良い評価をもらえる】
      2. 社会人の転職でTOEIC800点は評価される?【十分良い評価をもらえる】
      3. 社会人の昇進・昇給でTOEIC800点は評価される?【かなり良い評価をもらえる】

       

      その根拠は、TOEIC公式が、TOEICを利用した2,442社の会社・団体に対して行った調査「英語活用実態調査 2019」に、「実際にこのスコアを基準に見ていますよ」という数値が出ていましたので、引用して紹介しますね!

       

      1. 大学生の就活でTOEIC800点は評価される?【かなり良い評価をもらえる】

      1. 大学生の就活でTOEIC800点は評価される?【かなり良い評価をもらえる】
      大学生の就職で求められるTOEICスコア545点

       

      大学生の就職の場合、TOEIC545点を取っていると、就活時に企業が基準で見ているスコアをクリアすることができます。

       

      ですので、TOEIC800点を大学生のうちに取っておけば、大学生の就活なら「かなり良い評価」をもらえますよ!

       

      2. 社会人の転職でTOEIC800点は評価される?【十分良い評価をもらえる】

      社会人の転職でTOEIC800点は評価される?【良い評価をもらえる】
      社会人の転職で求められるスコア620点

       

      社会人の転職の場合、大学生より基準は少し上がり、企業側はTOEIC620点を基準に見ています。

       

      つまり社会人の転職の場合は、大学生ほど有利ではないにしろ、それでもTOEIC800点を取っていれば、「十分良い評価」をもらえますよ。

       

      3. 社会人の昇進・昇給でTOEIC800点は評価される?【かなり良い評価をもらえる】

      社会人の昇進・昇給でTOEIC800点は評価される?【かなり良い評価をもらえる】
      社会人の昇進・昇給で求められるTOEICスコア係長・主任:515点
      課長:530点
      部長:565点
      役員:600点

       

      また社会人が今の会社で「昇進・昇格」を目指す場合、企業側が求めるスコアは役職ごとに異なり、TOEIC515点〜600点が基準となっています。

       

      つまり、社会人の昇進・昇給の場合、TOEIC800点を取っていれば、昇進・昇格でマイナスになることはほぼなく、むしろプラスに働くことが多いと思いますよ!

       

      このように、TOEIC800点というスコアを取っておくと、大学生の就職、社会人の転職・昇進・昇格、どの場合であっても、マイナスになることはほぼなく、むしろ大きくプラスに働くことが多いでしょう。

       

      TOEIC800点の壁を超える戦略

      TOEIC800点の壁を超える戦略

       

      TOEIC800点の壁を最短で超えるには「戦略」が必要です。戦略で決めることは2つです。

       

      1. リスニング・リーディングそれぞれのスコア目標を決める
      2. TOEIC800点に必要な勉強時間・期間を確保する

       

      1.リスニング・リーディングそれぞれのスコア目標を決める

      まずはリスニングとリーディング、それぞれで何点取るか、目標を決めましょう。

       

      前提、TOEICテストは990点満点で、内訳は「リスニング445点・リーディング445点」です。それを踏まえておすすめのスコア目標は次の通りです。

       

      • リスニングの目標点数:450点
      • リーディングの目標点数:350点

       

      上記の通り「リスニング」に比重を置き、合計800点を目指すことがおすすめです。

       

      なぜリスニングに比重を置くか、理由は2つあります。

       

      1. リスニングの方が平均スコアが約60点高い
      2. リスニングに力を入れた方が、TOEICだけでなく、実践的な英会話力にも繋がりやすい

       

      この2つが理由です。

       

      TOEICテストで平均スコアが高いのはリーディングではなく「リスニング」です。以下、TOEIC公式サイト統計から引用です。

       

      TOEIC 700点 正答率

      出典:TOEIC公式サイト

       

      1. リスニングの平均スコア:320.6点
      2. リーディングの平均スコア:260.6点

       

      上記のように、リスニングの方が約60点も、平均スコアが高くなっているんですよね。ですから、リスニング400点、リーディング400点を目指すより、リスニングの目標スコアを高くした方が、自然な目標設定ができます。

       

      もう一つの理由が重要で、リスニング力を強化した方が、TOEICだけでなく、英会話などの「使える英語力」の向上にも、ダイレクトに繋がるからです。

       

      私自身、TOEICの勉強で「やっておいてよかった」と今でも思うことに、リスニングを強化したことがあります。理由は上記の通りで、TOEICでリスニングを鍛えておいたおかげで、英会話のリスニング力もかなり上がったからです。

       

      もちろん、英会話をする際には、リーディング知識も必要ですよ。でもどちらが上達に直結するかといえば、間違いなくリスニングです。英会話はリスニングとスピーキングの2要素が最もメインだからです。

       

      よって、TOEIC800点を取る場合は、リスニングの目標点を高めに設定することがおすすめです。

       

      2. TOEIC800点に必要な勉強時間・期間を確保する

      一般的に、TOEIC100点アップに必要な勉強時間は「約200〜300時間」が目安です

       

      TOEIC講師として有名で、TOEIC人気単語帳「金のフレーズ」の著者でもあるTEX加藤氏は、TOEICスコアと勉強時間を分析した結果を以下のように述べています。

       

      TOEICの魅力は、勉強すれば確実にスコアが伸びることにあると思います。一夜漬けでは、英語力がない段階で高得点は取ることは難しいですが、勉強すれば確実にスコアが上がります。私の指導経験では、毎日3時間勉強すると、3カ月間で約100点スコアがアップするという結果がでました。つまり、200~300時間勉強で100点もアップすることができるのです。

      引用:プロに聞くTOEIC勉強法 短期間でスコアを伸ばしたいなら、リスニングに重点を。 | マイナビニュース

       

      上記で述べられている通り、TOEIC100点アップに必要なのは200〜300時間となります。これは過去の受講生の平均を徹底的に算出した結果です。

       

      ですから、TOEIC800点と、今のあなたのスコアから逆算すれば、TOEIC800点に必要な「勉強時間」や「期間」はカンタンに計算できます。

       

      TOEIC800点に必要な勉強時間

      • 現在TOEIC300点の人:「1,000〜1,500時間」の勉強時間が必要
      • 現在TOEIC400点の人:「800〜1,200時間」の勉強時間が必要
      • 現在TOEIC500点の人:「600〜900時間」の勉強時間が必要
      • 現在TOEIC600点の人:「400〜600時間」の勉強時間が必要
      • 現在TOEIC700点の人:「200〜300時間」の勉強時間が必要

       

      TOEIC800点を取るまでの期間(例:1日3時間勉強する場合)

      • 現在TOEIC300点の人:333日〜500日で達成(約11〜16ヶ月)
      • 現在TOEIC400点の人:266日〜400日で達成(約9〜13ヶ月)
      • 現在TOEIC500点の人:200日〜300日で達成(約7〜10ヶ月)
      • 現在TOEIC600点の人:133日〜200日で達成(約4〜6ヶ月)
      • 現在TOEIC700点の人:66日〜100日で達成(約2〜3ヶ月)

       

      なお、上記で挙げている勉強時間・期間はあくまで「目安」です。良い勉強法を知って学習すれば、100点アップを200時間ではなく、100時間で実現することも可能だからです。

       

      どのように勉強法すれば最短で800点を超えられるか、具体的な勉強法を紹介します。

       

      最短でTOEIC800点の壁を超える勉強法

      最短でTOEIC800点の壁を超える勉強法

       

      TOEIC800点を勉強する方法は次のステップです。

       

      TOEIC800点を取る勉強法

      1. TOEIC総合力をTOEICアプリで身につける

      2. TOEIC頻出単語から優先的に覚える

      3. TOEICに必要な文法を覚える

      4. TOEIC公式問題集で実践に慣れる

      番外:確実に700点を超えたいなら、専属コーチが付くTOEICスクールを使う

       

      1. TOEIC総合力をTOEICアプリで身につける

      TOEICの総合力は、TOEICアプリで学習することがおすすめです。

       

      なぜなら、TOEICアプリで学習すれば、TOEICで必要な総合力は全て学べるからです。

       

      TOEICリスニング、リーディングでそれぞれ高得点を取るには、以下のスキルが必要です。

       

      • リスニング
      • 読解力
      • 文法
      • 単語
      • 発音

       

      これらを手軽に身につけられるのが「TOEICアプリ」なんですよね。

       

      特に最近は「コンテンツの質が高いTOEICアプリ」があります。このようなアプリを使えば、いつでもどこでもアプリ一つで、質の高い学習ができます。

       

      もちろん、参考書をいろいろと購入し、勉強することもオーソドックスではあります。ですが、5冊も10冊も買うとお金もかかりますし、何より持ち運びも不便ですよね。

       

      その点スマホアプリなら、通勤通学や、会社・学校の休憩時間を有効活用するのに最適です。

       

      ですので迷ったら、スマホアプリで学習すると良いですよ。

       

      TOEIC800点におすすめのTOEICアプリ

      TOEIC800点を確実に達成したい方におすすめは「スタディサプリEnglish TOEIC対策コース」です。

       

      スタディサプリEnglishとは、APPストア教育カテゴリー人気No.1になった英語学習アプリです。

       

      TOEIC対策専門の「スタディサプリEnglish TOEIC対策コース」では、TOEICカリスマ講師による「神授業」と言われる講義動画のほか、リーディングやリスニング対策も、これ一つで全てできます。

       

      toeic 800点 勉強法 スタディサプリ

       

      特にリスニング対策は、TOEIC本番さながらのテスト形式でリスニングを学んだり、リスニングに効果的と言われるディクテーション機能もついています。

       

      TOEIC 800点 スタディサプリ

       

      学習期間はまず「3ヶ月」やってみることがおすすめです。というのも、スタディサプリの効果実感までの平均月数は2.8ヶ月となっているからです。

       

      3ヶ月、毎日少しでも勉強すれば、TOEICスコアは間違いなく上がると思いますよ。前述通りスマホアプリ一つで学習できるので、通勤時間や通学時間で勉強するだけでも、TOEICスコアは上がると思います。

       

      なお、費用は月額3,278円ですので、3ヶ月使っても1万円以下です。質を考えれば、破格の安さです。

       

      しかも今なら、TOEIC対策コースを利用すると、日常英会話コースも「無料」でついてきます。

       

      英会話スクールに通って勉強する場合、相場で数十万円かかります。その点、数回の飲み会を我慢するわずか1万円弱のお値段で、TOEICも日常英会話も両方学べることを考えると、破格だと思います。

       

      7日間は「無料体験期間」でお試し利用できるので、気軽に使ってみることをおすすめします。

       

      使ってみて合わず、8日経つ前に解約すれば、1円もかからない仕組みです。もし解約しなかった場合は、初月の2,980円がかかってしまうので、その点だけ注意が必要です。解約はスマホで簡単3分以内で完結するので、手間もありません。

       

      無料体験で「神授業」も観れるので、スマホで今から1分後に無料でチェックしてみることがおすすめです。

       

       

      2. TOEIC頻出単語から優先的に覚える

      TOEIC800点を目指す場合、頻出単語は必ず押さえ、その後単語を広げていくことをおすすめします。

       

      なぜなら、TOEIC頻出単語を押さえるだけでも、取りこぼしをすることなく、着実にスコアを積み上げていけるからです。

       

      TOEIC800点におすすめの単語帳

      1. 金のフレーズ:TOEIC頻出約1,000語を学べる。800点はこれ一つでもOK
      2. キクタンTOEIC SCORE 800:こちらも約1,000語掲載。金のフレーズと単語はかぶることも多いが、わからない単語をなくしたい場合、金のフレーズと併用がおすすめ

       

      この2つをやっておけば、TOEIC800点の単語力としては十分です。

       

      特におすすめは金のフレーズです。

       

      金のフレーズは「TOEIC頻出単語約1,000語」をまとめたTOEIC専門単語帳です。TOEIC単語帳の中では代表的な一冊となっており、多くのTOEIC受講者が利用しています。

       

      約1,000語の頻出単語は、過去のTOEICテストを徹底的に分析することで、本当によく出題される1,000語が凝縮されています。つまり、努力して覚えたけど、実際に出題されなかった、ということが起きにくいです。

       

      私も金のフレーズを活用しましたが、これ一つで800点の単語は十分でした。

       

      一方で、わからない単語も出てくると思いますので、その場合はキクタンTOEIC SCORE 800も併用しつつ、語彙力を伸ばしておけば対策として十分です。

       

      3. TOEICに必要な文法を覚える

      文法に不安がある場合も、スタディサプリと併用しながら、参考書で勉強することがおすすめです。

       

      TOEIC800点におすすめの文法本

      1. 一億人の英文法:代表的な文法本。TOEIC専門ではないが、日本人の脳に合わせた文法書となっていてわかりやすい。
      2. 1駅1題 新TOEIC TEST文法特急:TOEIC対策用の文法書。TOEICの文法を学びたいならコレ

       

      TOEIC800点を目指すなら上記本がおすすめです。

       

      TOEICだけでなく、文法知識を広く身につけたい場合は一億人の英文法がおすすめです。日本人の脳に合わせた文法書となっており、難しく感じる文法を、わかりやすく学べる良書です。

       

      一方で、TOEIC対策特化で文法を学びたい場合は1駅1題 新TOEIC TEST文法特急がおすすめです。TOEIC文法の解説が、他の本と比べてもかなり丁寧に書かれていることが特徴です。

       

      4. TOEIC公式問題集で実践に慣れる

      TOEIC800点を超えるためには、TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編を使い、TOEICテストの実践に慣れておく必要があります。

       

      公式問題集を使ってやっておくべきは「時間配分の練習」です。

       

      なぜなら、TOEICテストは時間配分を丁寧にやっておかないと、途中で時間が足りず、全部の問題を回答しきれなかった、ということが本当によく起こるからです…。受験したことがあるなら、わかる悩みと思います。

       

      ですから、TOEIC公式問題集を使い、本番と全く同じ試験時間で、繰り返し練習をしておきましょう。

       

      時間配分含めてイメージできていれば、本番でも同じような形で問題を解き、800点を問題なく達成することができますよ。

       

      番外. TOEIC800点を確実に超えたいならTOEICスクールもおすすめ

      ここまでは独学でTOEIC800点を超える勉強法でしたが、

       

      「転職活動や社内昇進に向けて、800点は絶対に取らないといけない」

      「就活や入試に向けて、800点を取らないやばい」

       

      という場合、「TOEICスクール」を利用することも一つの方法です。

       

      TOEICスクールでは、パーソナルコーチが専属でつき、TOEIC800点を取る勉強法の設計・サポートまでをすべてやってくれます。

       

      一人だと挫折しがちなTOEIC学習も、プロのコーチと二人三脚でやるだけで、続けられるんですよね。

       

      転職活動や昇進試験、就活や入試など、いつまでにTOEIC800点を取らないといけないと期限が決まっている場合、スクールのような環境で短期集中2ヶ月ほど勉強するのは良い選択肢です。独学よりもはるかに効率的に、TOEIC800点を超えることができますよ。

       

      TOEIC800点を超えるスクール

      参考までに、TOEICに強いスクールも挙げておきますね。

       

      TOEICに強いスクール

      1. PROGRIT2ヶ月でTOEIC200〜300点アップ者が続出している大手スクール。サッカーの本田圭佑選手も利用しており絶賛2ヶ月415,800円(10万円値引き制度あり)

      2. スタディサプリEnglishパーソナルコーチ:前述したスタディサプリTOEICの発展版。オンラインコーチが専属でつき、TOEIC800点達成を全面サポート最も安いTOEICスクール(3ヶ月74,800円)

      3. トライズTOEIC対策TOEIC200点スコアアップ保障あり(2ヶ月239,346円)

       

      上記3つがおすすめです。お値段は独学と異なり高いものの、2〜3ヶ月など短期でTOEICスコアを大きく伸ばしたい場合は、検討余地があると思います。

       

      中でもスタディサプリEnglishパーソナルコーチはお値段が最も安く、一番選びやすいと思います。パーソナルコーチプランも7日間無料体験できるので、とりあえず使ってみることも悪くないと思います。

       

      残り2つのPROGRITと トライズTOEIC対策は無料相談を受け付けており、TOEIC学習の悩みなどは、すべて無料相談の中で答えてくれます。

       

      一人で不安を感じながら勉強するよりも、今のやり方が合っているか、プロのアドバイスだけでももらっておくと、この先1ヶ月、2ヶ月の時間を無駄にせずに済むと思いますよ。

       

      本受講せずとも、無料相談はしてくれるとのことです。気軽に利用してみると良いんじゃないかなと思います。

       

      TOEIC800点を取るメリット

      TOEIC800点を取るメリット

       

      1. TOEIC800点は就職・転職に役立つ
      2. 実践で使える英語力も身につく
      3. 人生・キャリアの選択肢が広がる

       

      1. TOEIC800点は就職・転職に役立つ

      TOEIC800点を取ると、就職や転職で役立つメリットがあります。

       

      なぜなら、TOEICスコアを書類選考・面接で利用している企業は、数多く存在するからです。

       

      そもそも「履歴書」にかけるTOEICスコアは、だいたい「600点」が目安と言われています。

       

      つまり800点取っていれば、自信を持って履歴書に書けます。大学生の就活や、社会人の転職なら、かなり役立つスコアです。

       

      もちろん、TOEIC800点があるからといって、無条件に「内定!」、となるわけではありません。あくまで書類選考が通過しやすくなったり、面接での失敗など、他のデメリットをカバーできる範囲となります。

       

      それでも、第一志望の会社で、書類選考落ちする確率を減らせることは、すごく価値あると思いますよ。仮に面接でうまく話せなかったとしても、英語力自体や、TOEIC700点を取る家庭の努力を評価し、内定を出してくれるケースもあります。

       

      逆に、TOEICのようなアピールできる実績がないと、面接でうまくコミュニケーションできなかった場合、挽回する武器がありません。そうすると、第一志望の会社に就職できないばかりか、内定辞退を取ることもできない可能性があります。

       

      このように、TOEIC800点はないよりあった方が確実に役立ちます。

       

      今回紹介した方法で800点は取っておき、就職・転職活動、その他のことを有利に進めたいところですね。

       

      2. 実践で使える英語力も身につく

      TOEIC800点を目指す過程で、実践で使える英語力が身につくこともメリットです。

       

      特に今回紹介したように、リスニング力を重視しながら勉強することで、外国人が話す英語を聞き取る力も身につきます。

       

      もちろん、TOEIC800点を取るだけで、英語ぺらぺらになることはありません。スピーキングの勉強はしないからです。

       

      でも、リスニングを中心に、基本的な文法・単語などはしっかり学ぶことができ、これらは使える英語として役立つ者です。

       

      「いつかは英語を話せるようになりたい」

       

      と感じているなら、TOEIC800点をまず目指すことはおすすめです。その過程で、英語力も身につくからです。

       

      3. 人生・キャリアの選択肢が広がる

      「将来やりたいことは決まっていないけど、人生やキャリアの幅を広げたい」

       

      そんな場合も、TOEIC800点を取っておくと、メリットが大きいです。TOEIC800点を取っていると、いろんなチャンスが舞い込んできやすくなるからです。

       

      前述通り、TOEIC800点があれば就活・転職活動を有利に進めることができます。本来入るのが難しい優良企業へ入社することもできるかもしれません。

       

      また英語ができることで、海外出張や海外駐在などを任される可能性もあります。英語ができることで、海外移住なんて道も、どこかのタイミングで経験できるかもしれません。

       

      世の中、英語ができないと選べない道がたくさんあります。その点英語ができると、そういった選べない道がかなり少なくなることが、大きなメリットだと思います。

       

      「今何をやったらいいかわからない。でも将来につながることをやっておきたい」

       

      と思うなら、TOEIC800点は人生・キャリアの選択肢を広げますよ。

       

      まとめ

      最短でTOEIC800点の壁を超える勉強法【レベルや勉強時間も紹介】

       

      今回紹介した勉強法であれば、TOEIC800点を取るだけでなく、実践的な英語力もしっかり強化できるので、一石二鳥だと思います。

       

      TOEICは正しい方法で勉強すれば、やった分だけスコアが伸びます。

       

      迷っている時間すらもったいないので、今日この瞬間から、一歩を踏み出すことをおすすめします。そうすれば、早ければ数ヶ月後には、TOEIC800点を超えることもできますよ。

       

      TOEIC800点を超えれば人生の幅は圧倒的に広がります。未来の自分のために、TOEIC800点くらいは超えておくことをおすすめします。

       

       

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

      ABOUT US

      EIGOTO編集部
      EIGOTO編集部は、留学経験者、海外勤務経験者、英会話スクール受講者などで構成されています。 入念な調査やスタッフの英語学習体験をベースに、英会話スクール、英語アプリ、英語教材、英語勉強法の紹介などを行っています。