AI英会話のスピークバディをやってみた感想【評判や使い方】

スピークバディをやってみた感想

 

本記事の内容

本記事はAI英会話アプリの「スピークバディ」のレビューとなります。

英語コーチングスクールの「スピークバディパーソナルコーチング(旧スパルタバディ)」は以下記事で別途取り上げているので、以下を参考にしてみてください。

スピークバディパーソナルコーチングの口コミ・評判は?「話せる英語力」の習得に定評あり!

 

「AI英会話のスピークバディって実際効果があるのかな?」

「デメリットなど、実際に使って勉強した人の声を聞いてみたい」

「利用者の評判、口コミも幅広く知りたいな」

 

あなたはこのような悩みをお持ちではないでしょうか?

 

スピークバディAIを相手に英会話トレーニングができるAI英会話アプリです。

 

本当の人ではなく「AI」を相手に会話をするので、英語ができない恥ずかしさを感じることなく、英会話の実践経験が積めることで人気のアプリです。

 

そんなスピークバディを使って勉強をしてみたので、本記事で得られた効果やデメリット、評判をまとめて紹介します。

 

本記事を読めば、スピークバディのことがわかりますよ。5分ほどで読めますので、よければ続きをどうぞ。

 

AI英会話スピークバディ(SpeakBuddy)とは?

スピークバディはappArray社という会社が運営しているサービスです。

 

appArray社自体が国内最大級の単語数を誇る人気アプリ「マジタン」や、人気英語スクール「スピークバディパーソナルコーチング(旧スパルタバディ)」を運営していることで有名な会社です。今回紹介するスピークバディも、appArray社が実績を持って開発したサービスとなっています。

 

そんなスピークバディの特徴は次の通りです。

 

スピークバディの特徴

1. AIを相手に英会話の練習ができる

2. いつでもどこでも、低価格で英語学習できる

3. データ分析やカリキュラムの最適化がされていて、効率的学習が可能

 

1. AIを相手に英会話の練習ができる

一番の特徴は「AIを相手に英会話の練習ができること」です。

 

あなたは「英語が話せるようになりたいけど、外国人相手に話すことは緊張する…」という悩みを持っていませんか?

 

英語初心者の場合、英語を話す自信が一切ないため、上記のような悩みを抱えがちなんですよね。

 

その点スピークバディなら、相手はAIなので、緊張することもありません。

 

レッスン内容は日常英会話やビジネス英会話を、AIを相手にロールプレイングで会話する形式となっています。シーンも300を超えるパターンがあるので、生活の中で使える英語力が自然と身についていきます。

 

たくさん失敗しても全く恥ずかしくない仕様なので、英語初心者でも、英会話練習をどんどん積むことができる点が魅力なアプリです。

 

2. いつでもどこでも、低価格で英語学習できる

スピークバディは「英語アプリ」なので、スマホ1台あれば、いつでもどこでも学習することができます。

 

加えて値段も良心的で、価格は「月額1,950円」となっています。

 

英語アプリとしては割と高めであるものの、通常の英会話スクールと比べると圧倒的に安いです。教室型の英会話スクールだと、月に数万円〜数十万円かかることが当たり前だからです。

 

いつでもどこでも、低価格で英語学習できるのは、スピークバディならではの特徴だと思います。

 

3. データ分析やカリキュラムの最適化がされていて、効率的学習が可能

スピークバディはAIが搭載されているので、日々の学習結果をデータ分析することで、最適なカリキュラムも自動で設計されます。

 

普通の英会話スクールだと、講師の質によって、得られる効果も変わってしまうデメリットがあります。

 

その点スピークバディは、精度の高いAIが、データ分析・カリキュラム設計まで全てやってくれるので、良い意味で「質の差」が出ないんですよね。

 

品質安定のスピーキング学習をしたい場合、AIがベースになったスピークバディであれば、希望にあった学習がしやすいと思いますよ!

 

スピークバディ(SpeakBuddy)を使って得られた効果

ここからは、実際に私がスピークバディを使って得られた学習効果を挙げていきます。

 

スピークバディ 評判

 

外国人を相手に英語を話す自信がついた

まず、スピークバディでAIを相手に英会話の練習を積むことで、英語を話す自信がつきました。

 

私は、もともと英語は全く話せず、外国人を前にすると萎縮してしまうほどだったんですよね…。

 

その点スピークバディは人を相手に会話しないので、本当に気楽に、英会話の実践を積める点が良いと思いました。

 

結果として「こういう表現なら、本番の英会話でも使えそう」というフレーズも徐々にたまっていき、いつしか「外国人と英会話の実践をやってみたい!」とまで感じるようになりました。

 

このような「自信」がついたことが、スピークバディを使って一番よかったことです。英語に自信がない初心者ほど、スピークバディは合っていると思いますよ。

 

スピーキング力が上がった

もちろん、スピーキング力も上がった実感があります。

 

英会話で使えるフレーズのレパートリーも増えましたし、ふと思ったことがパッと口から出てくる場面も以前と比べて増えました。

 

前述通り相手はAIなので、変に気遣うことなく、何回も同じセンテンス(フレーズ)をリピート練習することができたんですよね。

 

同じフレーズを何度も何度も繰り返し練習することで、学習後の記憶の定着率は格段に上がりました。

 

発音が前より良くなった

スピークバディは発音の矯正もやってくれたので、発音も以前より良くなったと感じます。

 

私はもともと発音記号も勉強しておらず、「なんとなくこんな発音だろう」と、自己流で発音をしていたんですよね。

 

発音矯正機能を使うことで、それまで自己流になっていた発音も、自然な発音に矯正することに役立ちました。

 

スピークバディ(SpeakBuddy)を使って感じたデメリット

一方で、スピークバディにも「ここが直ったらもっと良いのにな」と感じるデメリットもありました。

 

AIと自由な英会話ができるわけではない

「AIと自由に英会話ができるなんて、もう英会話スクールなんて必要ないんじゃない??」

 

と最初は私も思ったのですが、残念ながらスピークバディは、AIと完全自由な英会話ができるわけではありませんでした。

 

というのも、スピークバディでは「あらかじめ用意された英会話フレーズ」を使うからです。なので、全く自由に英会話をできるわけではないんですよね。

 

あくまで決められたシナリオに沿って会話し、間違った部分をAIが分析〜カリキュラムを自動設計までしてくれるのが、スピークバディの役割と言えます。

 

ですからスピークバディだけで、英語を自由に話せるようにはならないと思います。どこかのタイミングで、外国人との実践会話は必要不可欠だと思いますよ。

 

スピークバディ(SpeakBuddy)の使い方【実際のレッスン】

スピークバディの使い方を、実際のレッスン画面をお見せしながら紹介します。レッスンは以下の5つで構成されています。

 

  1. 単語チェック
  2. リスニング
  3. 会話
  4. 英作文
  5. 応用練習

 

いくつかピックアップして、実際のレッスンの内容をお見せしますね!

 

1. 単語チェック

単語チェックでは、英単語が表示されるので、日本語の意味を回答します。

 

スピークバディ(SpeakBuddy)の使い方【実際のレッスン】
スピークバディ(SpeakBuddy)の使い方【実際のレッスン】

 

上記のように単語が出てくるので、日本語の意味を回答しながら、単語を覚えていくコンテンツとなっています。

 

2. リスニング学習

英会話でスピーキングと同じくらい大事な「リスニング」も、スピークバディなら学習できます。

 

リスニング学習はシンプルで、英文が読み上げられるので、聞いて理解するトレーニングをします。

 

スピークバディ(SpeakBuddy)の使い方【実際のレッスン】

 

また日本語の意味を知りたい場合は、上記画面の「JP」を押すと、以下のように日本語が併記されるようになっています。

 

スピークバディ(SpeakBuddy)の使い方【実際のレッスン】

 

 

3. 会話

スピークバディのメインである「会話」は、AIキャラクターと英会話を行うトレーニングです。以下のようにキャラクターと会話文が出てくるので、合わせて発音をしていきます。

 

スピークバディ(SpeakBuddy)の使い方【実際のレッスン】

 

 

実際に会話すると、内容をもとにAIがデータ分析してくれるようになっています。

 

4. 英作文

英作文は、日本語で出てきた文章を英語で発音するトレーニングです。

 

以下でいうと「君に会えて僕は嬉しいよ」の部分を、英語で発音します。

 

 

すると、英作文は正しいかと、発音は問題ないかを、AIが自動で診断してくれます。

 

スピークバディレッスン

 

ここまでが英作文トレーニングです。

 

5. 応用練習

最後の「応用練習」は、ここまでやってきたことの応用問題です。

 

例えば以下の場合、先ほど「英作文」で学んだフレーズを使い、別の文章を作って発音する問題が出てきました。

 

 

ここまで学んだことをちゃんと理解できているか、再度AIがチェックし、以下の通り最終的な診断までしてくれて、1レッスンは終了となります。

 

スピークバディレッスン

 

以上が会話コンテンツの大まかな内容です。

 

スピークバディ(SpeakBuddy)の評判、口コミ

スピークバディの客観的な評価を知るために、他の利用者の評判・口コミも集めてみました。

 

悪い評判、口コミ

まずは気になる「悪い評判」から挙げていきますね。

 

 

悪い評判のまとめ

・アプリがなかなか動かない、、

・うまく作動しない、、

など、悪い評判は「アプリの動作」に関しての声が多かったです。この辺りは改善に期待するしかないですね…。

 

良い評判、口コミ

次は良い評判を挙げていきます。

 

 

良い評判のまとめ

・AIで相手と会話形式なのが良い

・英会話の練習で役立つ

・スピーキングが上達する

など、良い評判は「コンテンツ」に関しての声が多かったです。

 

スピークバディ(SpeakBuddy)はこんな人におすすめ

以上の特徴や評判を踏まえて、スピークバディは次のような方にお勧めです。

 

スピークバディがおすすめな人

・一人で英会話の練習がしたい人

・英会話スクールに通うほどお金がない人

 

AIを相手に一人で英会話の勉強ができるスピークバディは、英会話にまだ自信がなく、まずは一人で英会話練習したい人に合っていると思いますよ!

 

費用は月額1,950円と、アプリの中では安くはないものの、英会話スクールよりは圧倒的に安く済むので、その点も使いやすいと思います。

 

スピークバディがおすすめじゃない人

一方で、スピークバディがおすすめでない人は次の通りです。

 

スピークバディがおすすめじゃない人

・自由な英会話で実践を積みたい人

 

スピークバディのデメリットでも挙げましたが、スピークバディは用意された会話文をベースに、AIと会話練習を積んでいきます。

 

そのため、自由な会話で実践的英語力をつけたい場合は、スピークバディだと弱いです。

 

もし自由な会話で、実践的な英語力を身に付けたい場合、おすすめは「オンライン英会話」や「格安英会話スクール」を併用する方法です

 

実際に「人」と英語を話して実践するなら、オンライン英会話や格安英会話スクールで、英会話の実践環境と作ると良いですよ。

 

ちなみに、スピークバディの運営会社appArray社が運営する英語コーチング「スピークバディパーソナルコーチング(旧スパルタバディ)」があります。

スパルタバディパーソナルコーチングを受講すると、スピークバディは「完全無料」で利用できるので、一考の価値はあると思いますよ。

英会話スクールの中でも破格的に安い3ヶ月184,800円で英会話トレーニングの各種サポートを受けることができます。

スピークバディパーソナルコーチング公式サイトへ

スピークバディパーソナルコーチングの口コミ・評判は?「話せる英語力」の習得に定評あり!

 

まとめ

幸い、スピークバディは7日間は無料体験期間として、0円で利用することができます。

 

実際に使ってみて、もし合わないと思えば、7日経つ前に解約すれば1円もかかりません。百聞は一見にしかず、まずは使ってみることが良いんじゃないかなと思います。

 

一方で、ここまで読んで「スパルタバディが合わないかも」と感じた場合、他のおすすめ英会話アプリは「英語学習で使ってよかった英語勉強アプリおすすめ10選」で紹介しているので、続けて参考にしてみてください。

 

「使って本当に良かった英語アプリ」のみ、厳選しています。必ず参考になると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

EIGOTO編集部
EIGOTO編集部は、留学経験者、海外勤務経験者、英会話スクール受講者などで構成されています。 入念な調査やスタッフの英語学習体験をベースに、英会話スクール、英語アプリ、英語教材、英語勉強法の紹介などを行っています。