【取材】プログリット(PROGRIT)受講生51人の評判・口コミから見えた実態

【取材】プログリット(PROGRIT)受講生51人の評判・口コミから見えた実態

「プログリットの評判って実際どうなのかな?実は悪かったりして…」

「学習効果はどうなんだろう?本当に英語力が上達するのだろうか」

「他の英語コーチングスクールとの違いは何?」

 

あなたはこんな悩み・疑問をお持ちではないでしょうか?

 

プログリット(PROGRIT)は英語コーチングの中でも代表的なスクールです。でも、値段は2ヶ月で378,000円と安くないので

 

「プログリットで学習すれば本当に効果が得られる?」

「本当に評判は悪くない?受講者の声はどうなの?」

 

と、不安に感じることもあるのではないでしょうか?

 

そこで本記事では、プログリット担当者へ直接取材を行った上で、受講者51人分の口コミを集計・分析し、プログリットは本当に効果があるのか、受講者の満足度はどうなのか、徹底リサーチをしました。

 

PROGRIT(プログリット)の口コミ、評判

実際に集計した口コミデータの一部

 

また私自身、プログリットだけでなく、他の英語コーチング・英会話スクールの体験・取材を10社以上してきているので、他のスクールと比べたプログリットの実態も正確に理解をしています。

 

そのような立場から、プログリットのリアルを明かします。

 

本記事を読めば、プログリットの特徴や学習効果を知ることができますよ。

 

プログリット(PROGRIT)の特徴

プログリット(PROGRIT)の特徴
目的英会話・TOEIC
期間2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月
費用受講料328,000円+入会金50,000円/2ヶ月
スタイル教室 or オンライン
教室全13校舎あり
【東京】有楽町、新橋、新宿西口、新宿南口、渋谷、赤坂、神田、池袋、六本木
【神奈川】横浜
【愛知】名古屋
【大阪】阪急梅田、西梅田

 

プログリット(PROGRIT)は英語コーチングの中でも特に「ビジネス英語」「TOEIC」に強いスクールです。

 

ビジネスパーソンが受講者の95%を占めることからも、仕事に使える英語力を身につけるなら特に相性の良いスクールとなっています。

 

そんなプログリットの特徴を挙げると以下の3つです。

 

PROGRITの特徴

1. 理論に裏付けされたカリキュラム

2. 挫折させない手厚いフォロー

3. 問題解決能力の高い優秀なコンサルタント

 

それぞれ特徴をわかりやすく解説しますね。

 

1. 理論に裏付けされたカリキュラム

プログリットでは「応用言語学第二言語習得論」という理論に基づいたカリキュラムを使うことが特徴です。

 

「ん?なんか難しい名前が出てきたな?」と感じたかもしれませんが「効率的な言語習得のための理論」という解釈で大丈夫です。

 

言語を習得するにあたっての方法論は実は確率されており、プログリットはその方法に忠実に学習することが特徴です。

 

例えば、上記理論に基づく方法の例として、プログリットでは「英会話レッスン」をやりません。

 

なぜなら、短期で英語力を伸ばすには「インプット」が必要であり、「アウトプット」の英会話は適していないと考えているからです。インプットをするために

 

  1. 「学習効率」の最大化
  2. 「学習時間」の最大化
  3. 「学習習慣」の確立

 

の3つが必要というコンセプトの元、本当に「効果」に直結する学習のみ行うことがプログリットのカリキュラムの特徴なんですよね。

 

そのような方針でやっているので、「効率的に英語を習得したい」「根拠のない勉強法はやりたくない」という方の受講が特に多いようです。

 

これが理論に裏付けされたカリキュラムの実態です。

 

2. 挫折させない手厚いフォロー

英語学習の一番難しいところは「一人だと継続できないこと」です。

 

せっかく英語を勉強し始めたのに、毎日の継続がなかなかできず、途中で英語に挫折してしまった、これが英語学習でよくある失敗事例なんですよね。

 

でもこれは裏を返せば、英語学習を「継続」さえできれば、上記のような失敗は防げるということです。

 

その点プログリットでは、英語学習を継続するために、最適なカリキュラムの設計はもちろん、生活習慣や時間の使い方のアドバイスから、学習の進捗管理、日々のモチベーションサポートまで、すべてコンサルタントがサポートしてくれることが特徴です。

 

プログリットは1日3時間の学習量が求められるので、学習自体はかなり大変です。これを独学でやろうとすると、なお多くの方は挫折してしまいます。

 

でもプログリットでは、

 

  • 徹底したスケジュール管理
  • 週1面談での短期・長期目標の見直し
  • 毎日のチャットでのやり取り

 

といった、挫折したくでもできないサポートがあるので、一度英語で挫折してしまった方でも、問題なく英語学習を継続することができます。

 

事実、プログリット受講生の中には、過去英語を独学して挫折した方や、他の英会話スクールにお金を払って通ったけど続かなかった、うまくいかなかった方も多く受講して、成果を出しているとのことでした。

 

3. 問題解決能力の高い優秀なコンサルタント

プログリットのコンサルタントは優秀なビジネスパーソンで構成されています。

 

プログリットの受講生の95%はビジネスパーソンとなっていることから、プログリットのコンサルタントは、単に英語力が高いだけでなく、高度な問題解決能力がある人や、グローバルでの多様なビジネス経験を持った人が、コンサルタントとして厳選採用されています。

 

プログリット、コンサルタント

 

事実、担当者に聞いたところ、現在の講師採用率は2%水準とのことです。100人いて98人は落ちるほどの倍率なので、相当厳しく厳選していることがわかると思います。

 

またコンサルタント同士で日々英語学習ナレッジの共有などもやっているので、講師による能力のバラツキも少なくなっています。

 

以上がプログリットの特徴です。

 

プログリット(PROGRIT)受講生51人の評判、口コミ

ここからは、プログリットを受講した受講生の評判を紹介します。

 

今回、受講生51人の評判、口コミを集計、分析することで、プログリットの実態がよくわかりました。

 

ボリューム的に全部の声は紹介できないものの、「悪い評判」と「良い評判」の声をそれぞれピックアップし挙げていくので、よく読み込んでみてください。

 

悪い評判、口コミ

 

良い評判、口コミ

 

プログリット受講生51人の評判、口コミ総括【41名は満足度の高い結果に】

  • プログリットを受講し、短期間で結果に繋がった(VERSANT/TOEICスコアアップなど)の声はかなり多い
  • 一方、頑張って勉強したものの「結果に繋がらなかった声」も一定数存在

 

というのが、受講者の評判、口コミからわかったことです。

 

ただ中でも「短期で良い結果につながった人の声が圧倒的に多かったこと」が印象的でした。

 

事実、良い口コミと悪い口コミを51人分集計したところ「41人は良い口コミ」で、「残り10人が悪い口コミ」となっていました。

 

以下が集計データです。

 

PROGRIT(プログリット)の口コミ、評判

 

このように、プログリットに対して高い満足度を持っている方が、割合としては圧倒的に多かったんですよね。

 

もちろん、全員が全員、良い結果につながっているわけではありません。ですが割合として約8割は、良い結果につながっていたり、高い満足度に落ち着いていました。

 

もっと多くの声を集めた場合、上記割合が変わる可能性はあります。ですが全体感としては、良い結果を得ている割合が、大きく崩れることはなさそうですね。

 

プログリット(PROGRIT)は100%効果が得られる環境ではないものの、「努力が成果につながりやすい環境」であることは間違いないと思いますよ。

 

プログリット(PROGRIT)を取材して感じたメリット

プログリット(PROGRIT)を取材して感じたメリット

 

口コミ調査と並行して、プログリット担当者へ取材を行いました。

 

取材・体験レッスンを通じて感じたメリットも挙げていきます。

 

短期間で成果を求めるなら最適な環境だった

まず感じたのは、短期間で英語力を向上させたい、TOEICスコアを伸ばしたい、こういった場合に特に強いスクールだということです。

 

プログリット担当者に聞いたところ、受講生の多くが最終的にプログリット受講を決めた理由は「短期で英語力が上がると思ったから」とのことでした。

 

プログリット、メリット

 

実際にプログリット卒業生の事例や、受講者口コミを見ても、2〜3ヶ月という短期間でVERSANTを5〜10点以上上げている受講者や、TOEICを200〜300点伸ばしている受講生が多くいることが事実です。

 

プログリット TOEIC

 

前述通り、全員が全員、良い結果に繋がっている訳ではないものの、「短期間で英語力を伸ばしたい」という受講目的を、多くの受講生が達成できている点が、満足度が高い理由だと思いました。

 

効率性だけでなく、量もしっかりやるストイックさもある

「英語学習を効率的にやろう」というと、「学習時間をとにかく少なくして…」というスクールも結構多いんですよね。

 

なぜなら「学習時間を短くして、時短で英語を学ぼう」とアピールした方が、受講生も集まりやすいからです。

 

そんな中でプログリットが、「効率性はもちろん大事。でも学習量も同じくらい大事」とはっきり断言し、毎日3時間の学習時間を設けているのは、受講生の「結果」に徹底的に向き合っているからこそだと思います。

 

もちろん、その分学習は楽ではないですが、だからこそ、短期で英語力を身につけている方が、特に特に多いんだと思います。

 

「クレバーな戦略を練り、その上で徹底的に行動する」という、まさに死角なしといったタイプのスクールだと、取材をして強く感じました。

 

講師はやっぱり優秀だった

講師の方と話した印象、採用率2%水準をクリアしている精鋭講師ということもあり、やっぱり優秀だなぁと感じました。

 

例えるなら「物事を構造的に捉えて、問題をしっかり特定し、それをわかりやすく、誰にでも伝えられるタイプ」の印象を受けました。

 

プログリット、コンサルタント

 

そういう方は頭脳労働をするコンサルティング業界に多いんですが、まさにコンサルティング業界にいる「英語学習の課題解決屋」という感じです。

 

事実、プログリットの創業者は、世界最大のコンサルティングファームのマッキンゼー出身なので、講師も同じようなタイプの方が多いんだと思います。

 

このような講師陣なら、自信がない方でも頼れる、信じてついていけると感じました。

 

プログリット(PROGRIT)を取材して感じたデメリット

一方で、プログリットにも「ここがもっと良くなったらな」と感じたデメリットはありました。

 

英会話レッスンはやっぱり欲しい

プログリットは英会話レッスンはしませんが、個人的には、英会話レッスンもあったらいいなぁと思いました。

 

確かに短期で英語力を伸ばすなら、プログリットの方針である「アウトプットよりインプットを徹底的に」というやり方が合っていると思います。

 

ですが、最終的に外国人と英語を話せるレベルを目指すとなると、どこかのタイミングで「会話練習」は必要不可欠であることも事実です。

 

その点でプログリットは「選択と集中」を徹底的にやっているため、英会話レッスンは一切ないことがデメリットかなと。プログリットの中で多少英会話もできると、よりプログリット一つで、学習が完結するようになると思いました。

 

よって、プログリットを受講する場合、受講中または受講完了後、ご自身で英会話練習は積む必要があります。

 

なお、今は「オンライン英会話」などを使えば、安い価格で英会話の練習は積むことができます。そういう意味で、プログリットだけで完結しなくても良いことも事実です。

 

プログリットは1日3時間の学習量は求められるので、時間が厳しい場合、まずはプログリットで2〜3ヶ月学習した後、その後オンライン英会話で実践を積むことがおすすめです。

 

プログリット(PROGRIT)はこんな人にオススメ

ここまでの特徴や口コミを踏まえて、プログリットは以下の方におすすめです。

 

PROGRITがおすすめな人

・短期間でビジネス英語・TOEICを伸ばしたい

・理論に裏付けされたカリキュラムで効率的に勉強したい

・優秀なコンサルタントにサポートしてもらいたい

 

上記いずれか一つでも当てはまる場合、プログリットは特におすすめです。

 

短期間で結果を求めるなら最高の環境です。学習内容も理論に裏付けされた納得いくものなので、迷うことなく、短期で走りきれると思いますよ。

 

プログリット(PROGRIT)の無料カウンセリング〜本受講の流れ

プログリットを受講したい場合、最初のステップは「無料カウンセリング」への参加となります。

 

無料カウンセリングでは以下のことを行います。

 

無料カウンセリングで行うこと

1. ヒアリング:これまでの英語学習状況や、今後の英語学習の目的・目標について伺い、目指すべき状態を設定

2. 英語力診断:リスニングなど多角的に英語力診断を行い、現在地と課題を把握

3. カリキュラム提案:診断結果に基づき、どのように勉強していけばいいか、具体的なアドバイスを提示

 

カリキュラムの提案まで、すべて無料で行ってくれます。理論的に正しいカリキュラムにこだわっているプログリットなので、無料で話を聞くだけでも、得られるメリットは大きいと思います。

 

実際に話を聞いてみて、もし受講しようと思ったら、後日、本受講の意思を伝えればOKです。

 

カウンセリング当日の受講意思を伝える必要は一切ないので、まずは話を聞きに行ってみることをおすすめします。

 

プログリット(PROGRIT)のコースや料金

PROGRITには以下4つのコースがあります。

 

PROGRITの4つのコース

1. ビジネス英会話コース

2. TOEIC L&R TESTコース

3. TOEFL iBTR/IELTSコース

4. 一般教育訓練給付金制度対象コース

 

それぞれコースの受講期間や料金を挙げておきます。

 

どのコースが良いか迷った場合も、無料カウンセリングでアドバイスしてくれるので、まずは相談してみることが手っ取り早いです。

 

1. ビジネス英会話コース

プラン2ヶ月プラン3ヶ月プラン
受講期間8週間12週間
入会金50,000円50,000円
料金(税別)328,000円468,000円
面談回数8回12回
学習時間168時間252時間

※6ヶ月プラン、12ヶ月プランもご用意あり

 

2. TOEIC L&R TESTコース

プラン2ヶ月プラン3ヶ月プラン
受講期間8週間12週間
入会金50,000円50,000円
料金(税別)328,000円468,000円
面談回数8回12回
学習時間168時間252時間

※6ヶ月プラン、12ヶ月プランもご用意あり

 

3. TOEFL iBTR/IELTSコース

プラン3ヶ月プラン
受講期間12週間
入会金50,000円
料金(税別)468,000円
面談回数12回
学習時間252時間

※6ヶ月プラン、12ヶ月プランもご用意あり

 

4. 一般教育訓練給付金制度対象コース

プラン3ヶ月プラン
(ビジネス英会話コース or TOEICL&Rテストコースを選択)
6ヶ月プラン
(ビジネス英会話コース or TOEICL&Rテストコースを選択)
受講期間12週間24週間
入会金50,000円50,000円
料金(税別)468,000円⇨368,000円(給付金で最大10万円キャッシュバック)894,000円⇨794,000円(給付金で最大10万円キャッシュバック)
面談回数12回12回
学習時間252時間504時間

※内容は「ビジネス英会話コース」または「TOEICL&Rテストコース」と同一
※加えて「ビジネス英会話コース」はVERSANT、「TOEICL&Rテストコース」はTOEICの無料受講可能
※受講するには所定条件を満たす必要あり(詳しくは無料カウンセリングで教えてくれます)

 

まとめ

最後に、使える英語力を身につけることは、実はそこまで難しくありません。

 

もちろん、自己流で勉強していたら、なかなか英語力が身につかないことも事実です。特に独学の場合、途中で挫折する可能性も高いからです。

 

一方で、理論的に正しい学習方法を知り、継続して学習すれば、使える英語力は習得できることも事実です。

 

その点今回紹介したプログリットなら、既に体系化された正しい学習方法をベースに効率的に学習し、短期間で英語力を伸ばすことは十分可能です。

 

もちろん、全員が全員、良い結果に繋がる保証はありません。頑張っても結果が出ない可能性ももちろんあります。

 

それでも、受講生の多くが結果につながっている環境であることは間違いない事実です。

 

加えて、万が一サービスに満足できなかった場合、受講後30日以内なら、希望すれば全額返金保証を受けることもできます。

 

短期間で英語力を伸ばす環境として、プログリット(PROGRIT)は間違いない選択だと思いますよ。

 

英語を話せる理想の自分は、もうすぐそこで待っています。理想の自分に出会うために、まずは小さな一歩を踏み出しましょう。

 

他の英語コーチングも比較したい方へ

ここまで読んできて「プログリット以外も検討してみたいかも」と思った場合、「英語コーチングスクールおすすめ5選を比較!【比較表あり】」で総合的なおすすめスクールを紹介しているので参考にしてみてください。

また安さ重視で選びたい場合は「安いけど本当に質が高い英語コーチング5選【料金相場も解説】」がより参考になると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です