海外駐在から帰国後すぐの転職や、帰国後のキャリアの実態【専門家が解説】

海外駐在から帰国後すぐの転職や、帰国後のキャリアの実態【専門家が解説】

「海外駐在から帰国後にすぐ転職することって、転職で悪いイメージになってしまわないだろうか」

「海外駐在から帰国後に転職できる企業や、帰国後のキャリアについて知りたい」

 

こんな風に悩んでいませんか?

 

海外駐在員は大変なことも多いですが、それ以上に待遇も良いですし、生活面もかなり恵まれています。そんな駐在員生活が終わろうとすると、

 

「帰国後のキャリアはどうしようか」

「いまの会社にずっとい続けても良いのだろうか」

 

と、悩むことはいたって普通のことです。

 

そこで本記事では、これまで200社以上の採用支援をしてきて、数多くの海外駐在員にもお会いしてきた筆者が、以下について解説します。

 

本記事でお伝えすること

・海外駐在帰りで転職することはアリ?

・海外駐在帰りで転職できる企業やキャリア

・海外駐在帰りの転職で失敗しないポイント

 

本記事を読めば、駐在帰りの転職やキャリアについて、正しく、広い視点を持つことができますよ。

 

海外駐在帰りで転職することは珍しくない

海外駐在帰りで転職することは珍しくない

 

まず前提として、海外駐在帰りで転職することは、実は全く珍しくありません。

 

これについては統計も出ているので紹介しますね。

 

「海外駐在から帰国後、2年以内に転職する人」の割合は4人に1人

上記の通り、海外駐在から帰国後、2年以内に転職する人の割合はなんと4人に1人です。

 

情報ソースは海外赴任者が帰国後に退職してしまう理由となります。

 

海外の調査ではありますが、実に4人に1人の割合で海外赴任者が帰任後2年以内に辞めてしまっているというわけです。日本人はそこまで高い割合ではないかと思われますが、同じような傾向は確かにあるのではないでしょうか。

引用:海外赴任者が帰国後に退職してしまう理由

 

海外の調査とのことですが、実際に転職市場を見てきた実感としても、この数値は実態に近しいと思います。特に最近は駐在帰りでも転職する人が増えているように感じます。

 

ですから、「海外駐在帰りで転職することって、普通じゃないことなのかな?」と感じているなら、駐在帰りで転職することは「普通の選択肢」の一つとして、認識を変えることが必要です。

 

なぜ駐在帰りで転職してしまう人が多いのか?【3つの理由】

なぜ駐在帰りで転職してしまう人が多いのか?【3つの理由】

 

ではなぜ駐在帰りで転職してしまう人が多いのか、理由は次の3つです。

 

駐在帰りで転職してしまう人が多い理由
  1. 海外駐在で価値観が大きく変わってしまったから
  2. 駐在員時代と比べて裁量権が下がり、日本の仕事がつまらなく感じてしまうから
  3. 海外駐在から帰国すると、年収が大きく下がるから

 

1. 海外駐在で価値観が大きく変わってしまったから

海外駐在というのは、価値観が大きく変わる経験です。

 

  • 異国の地に住み、
  • 言葉が全く通じない環境で苦労し、
  • 文化も習慣も異なる人々と働く。

 

特に長く日本に住んでいた方からすれば、海外駐在という期間は、「人生の価値観」を作ってしまうような経験になるんですよね。

 

事実、海外駐在に行くまでは「海外でグローバルに仕事をしていきたい」と思っていた気持ちも、長い駐在期間を経てからは、「今後は日本で、家族や友人と近くで過ごしたい」という風に、日本でのキャリアを模索する人も多いです。

 

2. 駐在員時代と比べて裁量権が下がり、日本の仕事がつまらなく感じてしまうから

海外駐在員時代と比べて、日本の仕事がつまらなく感じることも、駐在員が帰国後、転職を考える理由の一つです。

 

あなたもご存知の通り、海外駐在員は駐在すると、日本にいるときよりも役職が一つ、二つ上のポジションで赴任することが一般的です。

 

例えば日本で主任の方が海外駐在したら、現地では課長(Manager)、日本で課長の人が現地で部長(General Manager)のようなイメージです。だいたい多くの駐在員がそうですよね。

 

これは裏を返せば、日本に帰ってくると、駐在員のときよりポジションが下がり、裁量権が大きく下がることを意味します。

 

加えて、日本に帰国した際に希望通りの部署に配属される訳でもなく、「仕事がつまらなくなった」と感じる駐在員は本当に多いです。

 

「駐在の仕事と比べると、日本の仕事は物足りない」、これを理由に、転職を考える人はたくさんいます。

 

3. 海外駐在から帰国すると、年収が大きく下がるから

意外と多いのは、年収です。

 

海外駐在員の場合、日本にいるときよりも1.5〜1.8倍程度の年収をもらっている人が多いです。一方で日本に帰国すれば、逆に年収が一気に下がることになります。

 

しかも海外駐在員の場合、住宅補助や各種手当も充実していましたので、可処分所得は日本にいるときと比べ物にならないですよね。

 

海外の生活水準に慣れきってしまうと、日本の年収水準だと、正直かなり苦しいですよね。

 

ですから「海外駐在経験を生かして、できるだけ年収を上げたい」というのも、よくある駐在員の帰国後の転職動機です。

 

海外赴任から帰国後、転職できる企業やキャリアとは?【可能性を知る】

海外赴任から帰国後、転職できる企業やキャリアとは?【可能性を知る】

 

結論から言うと、以下のような企業に転職しやすいです。

 

駐在帰りで転職しやすい企業
  1. 海外駐在員を輩出している日系グローバル企業
  2. 海外とやり取りのある外資系企業

 

この2つが最も転職しやすいです。

 

前者の「日系グローバル企業」は最もイメージしやすいでしょう。あなたが駐在員として赴任していた場合、現地で出会った駐在員が在籍していたような会社です。

 

特に同じ業界、あるいは近しい業界であれば、海外駐在の経験をもとに、駐在帰りで転職することは可能です。

 

または外資系企業も、転職しやすいです。海外駐在員の場合、語学力はもちろん、現地の商習慣も理解しています。さらにマネジメント経験もあることが一般的です。そういった経験や能力は、外資系企業でも評価されるものです。

 

外資系企業の場合、基本的に海外駐在はかなり少なく、あっても海外出張くらいです。かつ、外資系企業は日系企業より年収水準が高いです。

 

ですから、海外駐在の経験を活かしながら日本で働きたい、でもできるだけ年収も維持したい、そんな場合は外資系企業は有力候補です。

 

【重要】海外駐在から帰国後の転職・キャリアで失敗しないポイント

【重要】海外駐在から帰国後の転職・キャリアで失敗しないポイント

 

結論から言うと「帰国後にあまり期間を空けないこと」がとても重要です。なぜなら、転職は経験やスキルももちろんですが、年齢含めた「タイミング」が極めて大切だからです。

 

転職の場合、採用担当者がまずはじめに見るのは「直近の仕事内容」です。

 

かつ、年収も「直近年収をベース」に検討されることが多いので、駐在から帰り、年収が大きく下がって1年後に転職活動をした場合、日本で下がった後の年収をベースに、年収交渉が入ることがほとんどです。

 

ですから、できるだけ海外駐在の経験や年収を活かしたい場合、駐在後すぐに転職してしまった方が、良い条件では転職しやすくなる傾向があります。

 

もちろん、海外駐在員はただでさえ年収が高いので、海外駐在の年収をベースに、年収を決めてくれるわけではありません。ですから、全く維持、あるいは駐在員以上の待遇をもらうことは、かなりハードルが高いことも事実です。

 

ですが、駐在帰りというホットな実績があり、かつ海外経験や、現地で培った能力・語学力が廃れていない早いうちであれば、良い転職はしやすいですよ。

 

例えば「外資系企業」は年収水準は高いですし、駐在経験も活かせます。ですから、駐在帰りの早いうちに転職することで、高待遇も目指していける環境です。

 

だからこそ、海外駐在から帰国後に転職を考えるなら、転職の準備はすぐにでも始めておくことをおすすめします。

 

すでにあなたが駐在から帰国している、あるいは間も無く帰国予定なら、今日から行動を始めることを推奨します。すぐにできる準備はあるからです。

 

駐在から帰国後に良い転職をする具体的な方法は「海外駐在員は転職に有利!駐在経験を活かした求人の探し方を専門家が解説」で解説していますので、続けて参考にしてみてください。

 

一方、あなたが駐在から帰るのがまだまだ先であっても、今から転職の準備を進めておくことを強く推奨します。なぜなら、海外駐在員として海外にいても、できる準備はあるからです。しかも準備を進めておくことで、駐在から帰国後、良い待遇で転職できる確率が格段に高まります。

 

海外からでもできる転職の準備は「海外駐在中でも転職活動はできる!転職のプロが進め方を解説」で紹介しているので、まだ現地にしばらくいる予定の方は、こちらを参考にしてみてください。

 

まとめ

海外駐在から帰国後すぐの転職や、帰国後のキャリアの実態【専門家が解説】

 

述べてきた通り、海外駐在から帰国後、転職することは一般的なことです。

 

海外赴任という貴重な経験・実績を積んできたからこそ、その経験を活かし、もっと良い条件の企業に転職したいと思うことも、至って普通のことですし、全く問題ないことですよ。

 

いずれにしても前述したように、駐在帰りから時間が経つほど、好条件での転職は難しくなっていくことがほとんどです。

 

ですから、もし駐在後に転職を少しでも検討しているなら、自分の可能性がどのくらいあるのか、可能性を知ることが何より必要です。

 

前述通り、具体的な方法は「海外駐在員は転職に有利!駐在経験を活かした求人の探し方を専門家が解説」や「海外駐在中でも転職活動はできる!転職のプロが進め方を解説」で紹介しています。

 

手遅れになる前に確認し、すぐ行動を起こしましょう。

 

 

ABOUT US

EIGOTO編集部
EIGOTO編集部は、留学経験者、海外勤務経験者、英会話スクール受講者などで構成されています。 入念な調査やスタッフの英語学習体験をベースに、英会話スクール、英語アプリ、英語教材、英語勉強法の紹介などを行っています。