海外赴任前に英会話を圧倒的に伸ばせる英会話スクール5選【元駐在員が厳選】

海外赴任前に英会話を圧倒的に伸ばせる英会話スクール5選【元駐在員が厳選】

「海外赴任前に、英語力を一気に高めておきたい」

「海外転勤の直前でも、短期間で英会話を伸ばせる英会話スクールが知りたい」

 

こんな風に悩んでいませんか?

 

初めての海外赴任・サラリーマンにとって「海外駐在員になること」は、ある人によっては夢が叶ったことかもしれませんし、ある人にとっては青天の霹靂かもしれません。

 

そんな海外赴任にワクワクする気持ちを感じると同時に、ある種の「怖さ」や「不安」を感じているかもしれません。

 

特に「英語」に関しては、海外赴任前の悩みのつきものです。現地で困らないためにも、海外駐在する前に、できる限り英会話を話せるようになっておきたいところですよね。

 

そこで本記事では、海外赴任前に英会話を一気に伸ばせる英会話スクール5選を紹介します。

 

私は元々海外駐在員として仕事をしており、英語に関しては相当苦労しました。その過程で、今回紹介するような英会話スクールを利用し、英会話を習得しました。またこれまで20社以上の英会話スクールの取材・体験をしてきた経験があります。

 

海外赴任が決まった後は、関連各所への引き継ぎや送別会など、とにかく慌ただしくなりがちです。

 

ですが今回紹介するスクールは、海外赴任前の短期間でも、英会話を一気に高めることが可能なスクールです。

 

そのような経験をもとに、海外駐在前に本当に選ぶべき英会話スクールを紹介します。本記事を読んで、海外赴任前に英会話を圧倒的に伸ばし、万全の状態で海外赴任に臨みましょう。

 

海外赴任前の英会話スクール・教室の選び方

海外赴任前の英会話スクール・教室の選び方

 

海外赴任前に英会話スクール選びのポイントは以下の通りです。

 

  1. 海外赴任に必要な英会話が身につくか(オーダーメイドカリキュラムなど)
  2. 海外転勤前の短期間でも通えるか(1〜3ヶ月など)
  3. 海外赴任前に利用しているビジネスパーソンが多く存在するか

 

それぞれ解説しますね。

 

1. 海外赴任に必要な英会話が身につくか(オーダーメイドカリキュラムなど)

一番重要なことは、海外赴任に必要な英会話が身につくかということです。

 

海外赴任に必要な英語力は、海外で生活を送るための日常英会話はもちろん、仕事の中でも使うビジネス英語ももちろん必要です。

 

つまり、単に英会話を学ぶだけでは足りずに、海外駐在の各シーンで使う英語を学ぶことが、駐在前の英会話スクール選びでは特に大事なんですよね。

 

その点で「オーダーメイド」でカリキュラムを設計してくれる英会話スクールの場合、海外赴任に必要な英語を、集中的に学んでいくことができるスクールです。

 

ですから、できるだけ「オーダーメイド」のスクールを選ぶと、本当に必要な学習に絞って、効率的に英語力を高めることができますよ。

 

2. 海外転勤前の短期間でも通えるか(1〜3ヶ月など)

「海外赴任の辞令」は会社によりますが、一般的に「3ヶ月ほど前」に言われることが多いです。

 

ですから、仮に海外赴任の3ヶ月前に辞令があった場合、約3ヶ月以内の短期で受講でき、かつ3ヶ月で英語力が上がるスクールを選ぶことが必要です。

 

その視点で英会話スクールを見ていくと、中には半年間、1年間で通うようなスクールもあります。こういったスクールは当然ながら、海外駐在前の受講はできません。

 

その点英会話スクールの中には、2ヶ月短期間で、海外駐在に必要な英会話を一気に学ベるスクールも存在します。

 

そういった短期間で、かつ英語力が上がっている実績もあるスクールなら、短期間であっても、本当に必要な学習をし、英語力を高めることができます。

 

一方で、海外赴任はまだ決まっておらず、早くても1年後以降の場合は、1年間がっつり学習する英会話スクールも良い選択です。

 

1年間本気で取り組めば、海外駐在で通用する英会話力はもちろん、複雑な議論を英語でできるような、英語で全く不自由しないレベルになることも十分できますよ。

 

3. 海外赴任前に利用しているビジネスパーソンが多く存在するか

海外赴任前に利用しているビジネスパーソンが多く存在するかどうかも、必ず見ておきたいポイントです。

 

なぜなら、海外駐在員が実際に利用しているスクールは、駐在前のスケジュールの忙しさはもちろん、海外駐在に必要な英語指導にも慣れているからです。

 

私自身も駐在員として赴任しましたが、他の駐在員も見ていると、だいたい同じような英会話スクールに通っていました。つまり、駐在員が利用するスクールは、ある程度絞られていくということです。

 

以上が、海外赴任前に英会話スクールを選ぶポイントです。本記事では、ここまで述べた基準を満たしたスクールを紹介していきます。

 

海外赴任前・海外転勤前に選ぶべき英会話スクール5選

海外赴任前・海外転勤前に選ぶべき英会話スクール5選

 

ここからは、元海外駐在員で、これまで英会話スクールを20社以上体験・取材した経験をもとに、海外赴任前に最適な英会話教室を5つ紹介します。

 

なお、今回紹介する英会話スクールは、どこも無料体験レッスンを受けることができます。

 

今回ご紹介する英会話スクールは評判・口コミの良いスクールに絞っていますが、最終的にあなたに合っているかは、実際に利用してみないとわかりません。

 

特に「講師との相性」や「システムの使いやすさ」は、人によって好みも変わってくるポイントです。

 

ですので、もし気になるスクールが見つかったら、無料体験レッスンを複数スクールで利用してから、最終的に一社に絞ることをおすすめします。

 

 

1. PROGRIT

海外赴任前・海外転勤前に選ぶべき英会話スクール5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
期間2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月
費用受講料328,000円+入会金50,000円/2ヶ月
スタイル教室 or オンライン
教室全13校舎あり
【東京】有楽町、新橋、新宿西口、新宿南口、渋谷、赤坂、神田、池袋、六本木
【神奈川】横浜
【愛知】名古屋
【大阪】阪急梅田、西梅田

 

PROGRITは、海外赴任前に利用している人が特に多い、パーソナルコーチング型の英会話スクールです。教室に通う「通学」か、あるいはオンライン完結の「オンライン」の両方があります。

 

PROGRITの特徴は、完全オーダーメイドカリキュラムで、海外駐在に必要な英語を最短2ヶ月で習得できることです。

 

PROGRITでは専属の日本人コンサルタントがつき、海外赴任に向けて、何をどのように、どれくらい学習すればいいか、学習カリキュラムを完全オーダーメイドで設計してくれます。

 

また、学習の設計だけでなく、日々の学習に関しても、毎日きめ細やかにサポートしてくれることが特徴です。短期間で英語力を高められるよう、専用のツールを用いてコミュニケーションを取りつつ、学習をしていきます。

 

加えて、学習内容は「応用言語学 第二言語習得論」という科学的理論に基づき、本当に学習効果が高い方法だけを取り入れることも特徴です。

 

このように、PROGRITの学習は無駄がないんですよね。他のスクールだと、どうしても無駄な学習も紛れてくることが多いです。その点PROGRITは、オーダーメイドかつ理論的なカリキュラムなので、時間のない海外赴任前でも、本当に英語力を伸ばせる学習に集中することができます。

 

このように学習内容が優れているので、各界の著名人もPROGRITを多く利用しています。例えばサッカーの本田圭佑選手、メルカリの山田社長などは、PROGRITの受講者・愛用者であり、PROGRITを高く評価しています。

 

一方で認識しておくべきことは、PROGRITでは英会話レッスンは行わないことです。

 

「えっ、英会話をせずに英語を話せるようになるの?」と思うかもしれませんが、問題ありません。PROGRITでは、英語を話せるようになるには、英会話レッスンよりも、他にやることがあると考えているからです。事実、PROGRIT受講生の多くは、英語を話せるようになっています。

 

とはいえ、全く英会話の練習がないと、さすがに駐在した時に不安だと思います。PROGRITではどうしても英会話レッスンがしたい場合、オンライン英会話を組み入れるカリキュラムも作ってくれるとのことです。なので、全く英会話レッスンができない心配はありません。

 

名だたる著名人からもお墨付きのPROGRITは、海外駐在前の英会話スクールなら最適です。最短2ヶ月という受講期間さえ問題なければ、迷ったらPROGRITを選びましょう。

 

 

2. ライザップイングリッシュ

海外赴任前・海外転勤前に選ぶべき英会話スクール5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
期間2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月
費用受講料398,000円+入会金50,000円/2ヶ月
スタイル教室 or オンライン
教室全9校舎あり
【東京】銀座、池袋、新宿御苑、新宿店、赤坂見附、渋谷、新橋、日本橋、秋葉原

 

ライザップイングリッシュは、ジムで有名なライザップが運営する英語コーチングスクールです。ライザップも最短2ヶ月の短期集中で、海外駐在に必要な英語を習得していきます。

 

ライザップの特徴は、会話のアウトプットに比重を置いたスクールであることです。前述したPROGRITでは英会話レッスンを戦略的に取り入れていませんが、ライザップではネイティブとの英会話レッスンもどんどん取り入れながら、英語の習得を目指します。

 

そのため、海外駐在前にたくさん英語をアウトプットして現地赴任に備えたい、そんな方はライザップが合っていますよ。

 

また学習内容は完全オーダーメイドなので、海外赴任に必要な英語に絞って学習できる点も嬉しいところです。日々の学習は、ライザップの十八番でもある「徹底した進捗管理」が毎日あるので、駐在前に忙しく挫折したいと思っても、挫折させてくれません(笑)

 

だからこそ、「強制的にやらざるを得ない環境を作り、海外赴任前に英会話を話せるようになりたい」、そんな方は、ライザップイングリッシュを選ぶと間違いないですよ。

 

 

3. トライズ

海外赴任前・海外転勤前に選ぶべき英会話スクール5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
期間12ヶ月
費用受講料月額98,000円+入会金50,000円+コンサルティング料185,000円
スタイル教室 or オンライン
教室全12校舎あり
【東京】新宿西口、新宿南口、田町、赤坂、銀座、秋葉原、丸の内、池袋、渋谷
【神奈川】横浜
【愛知】名古屋
【大阪】梅田

 

トライズは今回紹介する英会話スクールの中では唯一「長期型」のスクールです。

 

受講期間は1年間なので、海外赴任が決まった人ではなく、早くても1年後以降に駐在の可能性がある人に最適です。

 

トライズ最大の特徴は、あらゆる英会話スクールの中で、最もハードな学習を通じ、最も高いレベルの英語力習得を目指す点です。

 

トライズの学習は、1年間で1,000時間の学習を行います。1,000時間という数字は、数多くの英語学習者をトライズで分析し、「複雑な議論を英語でできるレベルになるために、本当に必要な勉強時間」として定めている時間です。

 

ほとんどの英会話スクールは、1,000時間もの学習を行いません。例えば前述したPROGRIT、ライザップはどちらも1日3時間が目安で、期間は2〜3ヶ月です。つまり、学習時間は180〜270時間となります。

 

トライズは約6倍以上の学習量をこなすので、学習はかなりハードです。でもその分、海外赴任の際、現地の外国人と英語でバリバリ商談をしたり、本当に高レベルの英語力を習得できるのが、トライズ最大の価値です。

 

具体的な学習は完全オーダーメイドで、海外赴任の目的に合わせて、学習内容をオリジナルで設計してくれます。

 

日々の学習は、日本人コンサルタントとネイティブ講師がそれぞれ担当でつきます。日本人コンサルタントとは週次で学習進捗の振り返りを行い、ネイティブ講師とは週3回の英会話レッスンがあります。

 

海外赴任直前の受講はできないものの、1年間時間を取れるのであれば、トライズ以上に、本気で英語を習得できる環境はありません。

 

海外赴任に向けて、本気で英語力を高めておきたいなら、トライズは最適な環境です。

 

4. スパルタ英会話

海外赴任前・海外転勤前に選ぶべき英会話スクール5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
期間1ヶ月〜
費用386,000円/2ヶ月
スタイル教室 or オンライン
教室全4校舎あり
【東京】
新宿御苑、銀座、自由が丘
【大阪】
梅田

 

スパルタ英会話は「海外駐在前に、ネイティブと英語をたくさん話したい方」におすすめの英会話スクールです。

 

受講期間は最短1ヶ月からできるので、海外赴任までとにかく時間がなく、少しでも英語の対策をしておきたい場合、一番候補となります。

 

スパルタ英会話は「マンツーマンレッスン+グループレッスン」を組み合わせた学習になっており、このうちグループレッスンは「使い放題」です。また講師は「ネイティブ講師」で構成されています。

 

例えるなら「留学レベルの英語漬けの環境」です。海外赴任前に、ネイティブの英語シャワーをとことん浴びたい場合、スパルタ英会話は最も良い選択です。

 

また通常の英会話レッスンだけでなく、レッスン以外の自宅学習サポートも付いています。短期間で英語力を高める環境として、この上ない環境です。

 

教室は東京と大阪のみですが、オンライン受講もできるので、海外赴任前の忙しい時間でも、隙間時間で英語習得していけますよ。

 

5. ベルリッツ

海外赴任前・海外転勤前に選ぶべき英会話スクール5選
おすすめ度⭐️⭐️⭐️⭐️
期間1ヶ月〜
費用6,000円〜8,000円/1レッスン
スタイル教室 or オンライン
教室【東京】赤坂、赤羽、市ヶ谷、上野、大手町、お茶の水、表参道、吉祥寺、三軒茶屋、品川、自由が丘、新宿、池袋、成城、立川、多摩センター、調布、中目黒、日本橋、練馬、浜松町、目黒、有楽町、六本木
【その他】関東13校、東海7校、関西10校、仙台、中国地方3校、九州2校

 

ベルリッツはビジネス英語に強い大手英会話スクールです。

 

特徴は「海外駐在など、ビジネス英語に強い外国人講師が多いこと」です。

 

ベルリッツは海外駐在を控えた人を始め、ビジネスパーソンの受講者が多いです。そのため、講師は「海外ビジネス経験が豊富な外国人」を中心に構成されています。

 

ビジネス経験が豊富なので、海外赴任をした際に必要なビジネス英語はもちろん、現地でよく使う表現・フレーズも、すぐ使えるレベルで習得していけることが特徴です。

 

受講スタイルは教室(個室)でのマンツーマンコースのほか、在宅でオンライン受講もできます。また、受講期間も1ヶ月以内もできるので、海外転勤前に短期で英語を高めたい場合にも最適です。

 

また、外国人講師だけでなく、安心の日本人カウンセラーも学習をサポートしてくれるので、ビジネス英語初心者でも安心の環境です。

 

まとめ

海外赴任前・海外転勤前に選ぶべき英会話スクール5選

 

最後に、海外赴任をする前に、最低限の英語力は必ず身につけておくことをお勧めします。

 

私は駐在員として、これまで多くの国・企業で駐在員として赴任する方を見てきました。

 

その中で、英語ができないまま赴任してきた人は、赴任後の仕事の立ち上がりが遅く、仕事に慣れるまでに相当の時間を要していました。もちろん現地のスタッフからは、信頼を得ることはあまりできていなかったです。

 

海外駐在員というのは、現地のスタッフからすれば、本国から来たエリートです。「どんな人なんだ?」という目線で見られることは当然で、とある国の駐在員は「歩いている時の指先まで観察されるような気分だ」とも言っていました。

 

海外のビジネスシーンでは、英語ができることは当然です。ですが、日本人はあまりに英語ができないので、海外に出ると苦労します。

 

とはいえ現実問題として、海外赴任直前で、英語をペラペラにすることは困難です。れでも、現地でコミュニケーションに困らないレベルであれば、赴任前の1〜3ヶ月でも対策が可能です。

 

海外赴任前に英語の準備をしておくかどうかで、現地に行ってからの英語力の伸びは圧倒的に変わります。だからこそ、海外赴任前のなんとか時間を作り、英語を短期集中で対策しておくことを推奨します。

 

その一手間の準備をしておくだけで、良い海外駐在のスタートを切ることができますよ。最高の駐在員生活を送るためにも、英語の準備を、早速今日から始めましょう!

 

人気記事

もし今回紹介したスクールでピンとくるものがなかった場合、総合的に優れたスクールは「英会話教室・スクールおすすめ10選比較!実際に体験して厳選」で紹介しています。