【実際どうなの?】英会話教室・スクールのメリット・デメリット

英会話教室のメリット・デメリット

「英会話教室に通ってみようと思うんだけど、メリットはなんだろう?」

「高いお金を払って失敗したくないし、英会話スクールのデメリットも詳しく知っておきたい」

 

あなたはこのような悩み・疑問をお持ちではないでしょうか?

 

英会話スクールは、いざ通おうと思えば、お金も時間も相応にかかります。仮に合わなかった場合にお金と時間を無駄にしてしまうので、実際に通った場合のメリット・デメリットは必ず事前に把握しておきたいことです。

 

そこで本記事では、英会話教室のメリット・デメリットを、実際に利用した経験から紹介します。

 

これを書いている私は、今でこそ英語をスラスラ話せるようになりましたが、昔は外国人を前にすると、全く英語が出てこないほどの英語初心者でした。

 

そんな私が英語力を伸ばせたのは、英会話教室を利用したことが大きな理由です。

 

また私自身、英会話教室をこれまで20社以上体験・取材・調査をしてきました。その過程では英会話スクール受講者とも多く話をしてきており、英会話教室のメリットはもちろん、デメリットも把握してきました。

 

そのような経験をもとに、英会話スクールのメリット・デメリットを解説します。

 

英会話教室・スクールのデメリット

英会話教室・スクールのデメリット

 

英会話スクールのデメリット

・レッスンに通うことが目的になりがち

・学習量が不足しがち

・通学が面倒

・独学よりお金がかかる

 

英会話教室のデメリットは上記の通りです。それぞれ解説します。

 

レッスンに通うことが目的になりがち

本来、英会話教室に通う目的は、ある人には「日常英会話の習得」だったり、ある人には「ビジネス英会話の習得」です。

 

ですが英会話教室の場合、お金を払って勉強した気になり、「レッスンに通うこと自体」が目的になりがちなことが、デメリットの一つなんですよね。

 

事実、実際に英会話教室に通っている方の中には、毎週レッスンに出ているけど、英語力が伸びない方も多くいます。

 

話を聞いてみると、特に予習・復習もしておらず、「レッスンを受けること自体」が目的になっているケースが多いんですよね。

 

当然ながら、英会話レッスンをただ受けても、英語力は身につきません。目的を決めて準備し、臨むからこそ、英会話教室は意味あるものになるからです。

 

このように、レッスンを受けることが目的になりがちなのは、お金を払って受講する英会話スクールならではのデメリットです。

 

学習量が不足しがち

学習量が不足しがちなことも、英会話スクールのデメリットです。

 

本来、短期間で英語を習得したい場合、一定以上の学習量が必要です。

 

例えば、英語で複雑な議論ができるレベルを目指すなら、1日3時間の学習量を、1年間継続することが目安です。

 

ですが英会話教室は1レッスン40〜50分程度であり、レッスン自体も週1回〜数回程度が多いです。そのため、英会話スクールのレッスンだけだと、英語習得に必要な学習時間には程遠いんですよね。

 

ですから、学習量が足りない分は自分で学習するなりしないといけませんが、「英会話教室に通っているから、英語の勉強はもう十分」と思ってしまうと、根本的な学習量が全く足りず、英語力が伸びないことにつながります。

 

もちろん、中には1日3時間の学習をこなすために、レッスンの時間だけでなく、レッスン以外の自宅学習までサポートしてくれる英会話スクールもあります。こういったスクールを選べば、このデメリットはありません。ですが、残念ながらそういうスクールばかりではないことも事実です。

 

このように、学習量が足りないことは、英会話教室の知られざるデメリットです。

 

通学が面倒

通学が面倒なことも、英会話スクールのデメリットです。

 

通学型スクールの場合、教室に通うこと自体が面倒ですよね。特に、自宅や会社近くに教室がない場合、、わざわざ教室に通うために、30分、1時間といった時間が必要です。

 

それだけでもかなりの手間ですし、何より挫折原因になりやすいです。

 

とはいえ、自宅やオフィス近くに教室がある場合はデメリットにはなりませんし、オンライン型であれば、通学する必要はありません。

 

なのでこのデメリットは、人による部分と、通学スクールを選ぶかによって変わりますね。

 

独学よりお金がかかる

独学よりもお金がかかることも、英会話スクールのデメリットです。

 

英会話教室はどんなに安くても、月に数万円程度はかかります。専属コーチがパーソナルサポートしてくれるスクールだと、月10〜20万円以上が相場なので、もっと値段は上がります。

 

もちろん、質の高い英会話教室を使えば、お金はかかるものの、英語を話す・聞く力が身につきますので、お金以上の価値はあります。

 

事実、英語が話せるようになれば、グローバル人材として、年収の高い会社に就職・転職できます。グローバル人材は年収水準が高いので、年収100万円、200万円アップも十分現実的です。そう考えると、スクールの費用の数十万円は安いものです。

 

とはいえ、誤って質の低い英会話教室を選んでしまうと、英語力が身につかないばかりか、あなたの貴重な時間とお金を無駄にすることにもつながります。

 

良いスクールを選ぶこと、この点が、大事なお金を無駄にしないために必要なことですね。

 

以上が英会話スクールのデメリットです。

 

英会話教室・スクールのメリット

英会話教室・スクールのメリット

 

一方で、英会話スクールのメリットは次の通りです。

 

英会話スクールのメリット

・学習習慣を作りやすく、独学よりも継続しやすい

・英語学習でわからないことを相談できる

・英語で話す機会を作れる

・英語学習の仲間ができる

・理論的な学習方法で勉強できる

・レッスン以外もサポートしてくれる

 

それぞれ解説しますね!

 

学習習慣を作りやすく、独学よりも継続しやすい

学習習慣を作りやすく、独学よりも学習を継続しやすいことは、英会話スクールのメリットです。

 

英会話スクールはお金がかかっている以上、勉強しないと損ですから、独学よりも「本気度」が高まり、学習習慣を作りやすいんですよね。

 

一方で独学だと、お金があまりかからないので、「やらなくてもいいか」と、自分に甘えてしまうことはよくあります。事実、私の周囲でも、独学で英語学習を始める人は、挫折率が高いです。

 

加えて英会話スクールの中には、学習進捗を管理するパーソナルコーチング系のスクールもあります。

 

こういったスクールは、あなたがちゃんと毎日勉強しているか、専属講師が進捗管理を毎日行ってくれます。言ってみれば「やらざるを得ない環境」を強制的に作れるんですよね。

 

ですから、なんとしても英語力を伸ばしたい、一気にあげたい人には、学習習慣を作りやすく、独学よりも学習を継続しやすい英会話スクールは、特に良い環境だと思いますよ。

 

英語学習でわからないことを相談できる

わからないことを相談できることは、英会話スクールならではのメリットです。

 

私が初心者のときもそうでしたが、英語学習は本当にわからないことがたくさん出てきて、その度につまづきます。

 

そんな時に、相談できる相手がいることが、英会話スクールの大きなメリットですね。なぜなら、相談できる相手がいるといないとでは、学習効率が大きく変わるからです。

 

特に英語初心者の場合、どの勉強が必要で、どの勉強が不要か、自分一人では見分けがまずつきません。その見分けがつくなら、その人はもう英語初心者ではないからです。

 

その点英会話教室には、英語のプロが在籍しているので、どの勉強が必要で、どの勉強が不要か、整理して教えてくれることが良かったです。

 

結果、最短ルートで英語を習得していけるので、学習効率も圧倒的に高くなりますよ。

 

英語で話す機会を作れる

英語を独学していると、外国人と英語を話す機会はなかなか作れないですよね。

 

その点英会話スクールなら、ネイティブ講師はもちろん、英語ができる日本人バイリンガル講師も在籍しているので、学んだ英語を実際に使うトレーニングを積めることが、大きなメリットですね。

 

特に英会話教室の場合、日々どんなことを学んでいるかも、講師の方が理解しています。ですから、インプットとアウトプットを効率的に回せるのはメリットですね。

 

英語学習の仲間ができる

グループレッスンの英会話教室は、マンツーマンでも各種イベントを多く開催しているスクールであれば、英語学習仲間の「横のつながり」を作ることができます。

 

英語学習最大の天敵は「継続できないこと」です。その点で、独学で一人頭を抱えながら学習するより、仲間と励まし合いながら頑張った方が、ゲーム感覚で、楽しく英会話を習得していけるメリットがあります。

 

英語仲間ができるというのは、英会話スクールという環境ならではだと思いますよ。

 

理論的に正しい学習方法で勉強できる

英会話教室には、数多くの英語学習者を分析した結果得られた「理論的に正しい学習方法」があります。これらをすぐに活用して勉強できるのは、英会話スクールの大きなメリットだと思います。

 

一方で、全てのスクールが、理論的に正しい学習方法を確立しているかというと、そうではありません。中には質の悪いスクールもあります。

 

ですからこの点は、カリキュラムが理論的に正しく、質の高いスクールを選ぶことが必要です。

 

一番間違いない方法は、応用言語学の第二言語習得論に基づいたカリキュラムを作っているスクールを選ぶことです。

 

第二言語習得論は母国語でない他の言語を学ぶ際の方法を、体系的にまとめた理論です。この理論に基づいて学ぶと、効率的に、英語を習得することができます。

 

第二言語習得論に基づき、理論的に正しいカリキュラムを提供しているスクールは「英会話教室・スクールおすすめ10選比較!実際に体験して厳選」でまとめているので、実際に英会話スクールを選ぶ際は、こちらを参考にしてみてください。

 

レッスン以外もサポートしてくれる

前述通り、英語を習得するためには一定の学習量が必要です。

 

その点英会話スクールの中には、レッスンの時間だけでなく、レッスン以外の時間までサポートしてくれるスクールがあります。前述したパーソナル型の英語コーチングスクールが該当します。

 

英語コーチング系のスクールであれば、レッスンの時間はもちろん、レッスン以外のサポートもしてくれるので、短期間でも英語力を伸ばすことが可能です。

 

以上が英会話スクールのメリットです。

 

英会話教室のデメリットとメリット、上回るのはどっち?【メリットが大きい】

英会話教室のデメリットとメリット、上回るのはどっち?【メリットが大きい】

 

デメリットとメリットを両方紹介しましたが、個人的には、英会話スクールはデメリットよりも、メリットが大きいと考えます。

 

なぜなら、英会話教室のデメリットは、良いスクールを選びさえすれば、どれも防げるものばかりだからです。

 

例えばレッスンに通うことが目的になりがちなデメリットは、良いスクールは学習の目的設定から、「いつまでにこの状態になるために、この学習をこの流れでやっていこう」という風に、細かい日々の目標設定まで、ちゃんと落とし込んで設定してくれます。

 

また学習量も1日3時間の勉強ができるよう、レッスンだけでなくレッスン以外もフルサポートしてくれるスクールはありますし、通学が面倒でも、最近はオンライン受講できるスクールもあります。

 

唯一、お金はかかりますが、前述通り、英語を話せるようになれば年収水準自体が上がるので、受講費の元はすぐに取れます。

 

全ては良い英会話教室を選ぶことが前提なので、まずは良いスクールを選ぶことが、何より大事なことだと思います。

 

まとめ

英会話教室のメリット・デメリット

 

述べてきた通り、英会話スクールはデメリットはあるものの、それ以上にメリットが大きいです。

 

ただ、英会話スクールにお金を払った後に、どんなに努力をしても、最初の入口であるスクール選びでミスをしてしまうと、貴重なお金と時間を無駄にすることにも繋がりかねません。

 

どこのスクールを選べばいいかわからない場合は「英会話教室・スクールおすすめ10選比較!実際に体験して厳選」の中から選ぶと間違いないです。20社以上体験・取材・受講者の口コミ調査を行い、本当に質の高い英会話スクールを厳選しています。

 

最後に、英会話スクールは有効活用すれば、英語をスラスラ話せる自分に、最短で近づける環境です。

 

英語をペラペラ話すカッコイイ自分に変わるためにも、まずは一歩を踏み出すことが必要だと思います。